解析結果

かさあれうるうるボディソープ

広告を含みます。

総合点

3.53

総合ランク

382個中 59

成分数

20

植物エキスの数

0

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
かさあれうるうるボディソープ解析チャート Lix公式オンラインショップ
販売元による宣伝文
●ニキビ・カミソリ負け及び肌あれを防ぎます
●お肌と同じ弱酸性です
●カサカサ肌、かゆみ肌をしっとりすべすべ肌に♪
関連商品
    かさあれうるうるボディソープの関連商品
かさあれうるうるボディソープ解析チャート
広告を含みます。

かさあれうるうるボディソープの解説

ボディソープ界のダークホースかもしれない・・・!?

これって、意外と使えるんじゃない?

概要

ラウレス硫酸Naタイプのボディソープです。

と聞くと、安っぽい洗浄力高すぎ系なのでは?と思われるかもしれません。

しかし、ことボディソープとなると話は少し違ってきます。

特徴をまとめると、

  • ラウレス硫酸Naベース。
  • 石けん不使用というところがポイント。
  • 高い保湿能力の尿素配合。

このような製品です。順を追って見ていきます。

メーカーについて

日本石鹸/株式会社クラウディア・ジャンセンの製品。

どんな商品?詳しく解析

値段が安く、ドラッグストアで売ってるような市販ボディソープです。

内容的にはラウレス硫酸Naベースでシンプルな構成。これがもし、髪のシャンプーだと評価はかなり低いでしょうが、体を洗うだけのボディソープだと利点も浮かび上がってきます。

そう、弱酸性である、という最大の利点があるのです。

石けんはアルカリ性。ゆえに著しく乾燥させられる弱点がありますが、こちらは弱酸性。

この違いは大きく、肌の保湿因子を溶かしにくい、という特徴があります。石けんは容易に溶かし出してしまいます。

また、ラウレス硫酸Naは分子量が大きいため、肌に浸透せず、表面だけを洗浄します。

そのため、さっぱりと洗い上げたあとも、肌に保湿成分がきちんと残っている状態を作れるんですね。

そして尿素やヒアルロン酸Naが保湿力を付与し、有効成分グリチルリチン酸2Naが細胞レベルの抗炎症作用を発揮する、という内容です。

デメリットは?

洗浄力は高いです。これは、デメリットとも言えますし、人によってはメリットとなるポイントです。

というのも、皮脂量の多い男性や、思春期のお子様にはこの程度の洗浄力がちょうどよい、ということも十分考えられますし、汚れが多い環境にある場合にもやはり重宝するでしょう。

シャンプーとして使うと、髪は強い洗浄力でギシギシっとしてしまいますが、体を洗う上ではさっぱりして気持ちいい、と感じる事が多いでしょう。石けんタイプに慣れている方にも違和感が少ない使用感かと思います。

まとめ

お世辞にも高級品とは言えず、大して気も利かない素材ばかりではありますが、意外とこの無骨な使用感が良いという人も多いのでは。

かく言う筆者も、このボディソープを執筆時点で試していて、何気に気に入っている次第です。。

シンプルにさっぱりと洗えて、めきめき泡立って、石けんのように乾燥しないので、特に使っていて不満がないんですね。

石けんの場合は肌を傷める、乾燥させてしまう不安感がつきまといますし、冬など乾燥する季節は使い物になりませんが、このかさあれうるうるボディソープなら一年中いけそうです。

お買い得で安心してさっぱり洗えるボディソープをお探しなら、この製品は案外満足させてしまうかもしれませんよ・・・。

これって、意外と使えるんじゃない?

概要

ラウレス硫酸Naタイプのボディソープです。

と聞くと、安っぽい洗浄力高すぎ系なのでは?と思われるかもしれません。

しかし、ことボディソープとなると話は少し違ってきます。

特徴をまとめると、

  • ラウレス硫酸Naベース。
  • 石けん不使用というところがポイント。
  • 高い保湿能力の尿素配合。

このような製品です。順を追って見ていきます。

メーカーについて

日本石鹸/株式会社クラウディア・ジャンセンの製品。

どんな商品?詳しく解析

値段が安く、ドラッグストアで売ってるような市販ボディソープです。

内容的にはラウレス硫酸Naベースでシンプルな構成。これがもし、髪のシャンプーだと評価はかなり低いでしょうが、体を洗うだけのボディソープだと利点も浮かび上がってきます。

そう、弱酸性である、という最大の利点があるのです。

石けんはアルカリ性。ゆえに著しく乾燥させられる弱点がありますが、こちらは弱酸性。

この違いは大きく、肌の保湿因子を溶かしにくい、という特徴があります。石けんは容易に溶かし出してしまいます。

また、ラウレス硫酸Naは分子量が大きいため、肌に浸透せず、表面だけを洗浄します。

そのため、さっぱりと洗い上げたあとも、肌に保湿成分がきちんと残っている状態を作れるんですね。

そして尿素やヒアルロン酸Naが保湿力を付与し、有効成分グリチルリチン酸2Naが細胞レベルの抗炎症作用を発揮する、という内容です。

デメリットは?

洗浄力は高いです。これは、デメリットとも言えますし、人によってはメリットとなるポイントです。

というのも、皮脂量の多い男性や、思春期のお子様にはこの程度の洗浄力がちょうどよい、ということも十分考えられますし、汚れが多い環境にある場合にもやはり重宝するでしょう。

シャンプーとして使うと、髪は強い洗浄力でギシギシっとしてしまいますが、体を洗う上ではさっぱりして気持ちいい、と感じる事が多いでしょう。石けんタイプに慣れている方にも違和感が少ない使用感かと思います。

まとめ

お世辞にも高級品とは言えず、大して気も利かない素材ばかりではありますが、意外とこの無骨な使用感が良いという人も多いのでは。

かく言う筆者も、このボディソープを執筆時点で試していて、何気に気に入っている次第です。。

シンプルにさっぱりと洗えて、めきめき泡立って、石けんのように乾燥しないので、特に使っていて不満がないんですね。

石けんの場合は肌を傷める、乾燥させてしまう不安感がつきまといますし、冬など乾燥する季節は使い物になりませんが、このかさあれうるうるボディソープなら一年中いけそうです。

お買い得で安心してさっぱり洗えるボディソープをお探しなら、この製品は案外満足させてしまうかもしれませんよ・・・。