クリアフォーメン ディープクリーンシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

クリアフォーメン ディープクリーンシャンプーの解析結果

総合点1.3
2693個中2187位
品質0.1 %
成分数28
1mlあたり2.3円 %
安全性1.9 %
エキス類0
詳細情報
  • クリアフォーメン ディープクリーンシャンプーの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4902111749679
  • [ランキング] 2187位 2693個中/
  • [ポイント(5点中)] 1.3点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 350ml
  • [参考価格] 798円
  • [1mlあたり] 約 2.28円
  • [商品ID] 6615
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]28
  • [洗浄剤数]4
  • [エキス類]0
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]1
販売元による宣伝文
●頭皮のフケ、ニオイ、汚れを本格除去します。
●活性炭*1配合。タフな頭皮へ。
*1洗浄補助成分
クリアフォーメン ディープクリーンシャンプー解析チャート

クリアフォーメン ディープクリーンシャンプーの解説

食器用洗剤かな?これは。

クリアフォーメンにしては珍しく(?)ラウリル硫酸塩が入っていませんが、ドデシルベンゼンスルホン酸TEAがほとんど同じような性質の洗浄剤ですので
結局は食器用洗剤のようなものになっています。
クリアフォーメン ディープクリーンシャンプー

ドデシルベンゼンスルホン酸TEA液などはあまり他のシャンプーで見かけないと思いますが、
シャンプーで使うには非常に洗浄力が強すぎますし、皮膚刺激性も強い成分ですので
全くおすすめではありません。
本当に食器用洗剤であればよいのでしょうが、人体にはリスクが大きすぎるように思います。

そのうえ、ジンクピリチオン(殺菌)、TEA(トリエタノールアミン・ちょっと発がん性懸念)といった要素も忘れずに。
炭の配合でクレンジング力がさらに高まっていますし、そりゃシリコーンも入れるよね、という印象です。

「タフな頭皮へ」という売り文句ながら、頭皮がタフでないと耐えられないシャンプーと考えたほうが正しいかもしれません。

何しろ脱脂力が強すぎるので、普通に考えて選ばないほうが良いのではないかと思わせるシャンプーです。

ラウレス硫酸Na、ドデシルベンゼンスルホン酸TEAという強力洗浄剤。



その他にも際どい成分満載のクレンジングシャンプー

ユニリーバ・ジャパン クリアフォーメン ディープクリーンシャンプーをAmazonアマゾンで購入