オブコスメティックス スタイルコントロールジュレ・6.9の解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

オブコスメティックス スタイルコントロールジュレ・6.9の解析結果

ランク:65位 ポイント:2.79 1mlあたり:20.95円
  • オブコスメティックス スタイルコントロールジュレ・6.9の詳細情報
  • [JANコード]
  • [ランキング] 65位 245個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.79点
  • [ジャンル] STYLE
  • [容量] 105ml
  • [参考価格] 2200円
  • [1mlあたり] 約 20.95円
  • [商品ID] 6352
  • [成分数]25
  • [エキス類の数]1
  • [特に優れた成分の数]1
  • [要注意成分の数]0
    1. 販売元株式会社 オブ・コスメティックス
    2. 英名Ofcosmetics
    3. 郵便番号〒1040061
    4. 住所:東京都中央区銀座6-3-2ギャラリーセンタービル3F
    5. 電話番号0362746621
    6. メール
    7. web公式サイト

販売元による宣伝文

きらめくツヤ感。持続性の高いホールド力。
水なしで髪に濡れたような質感を与えて、ヘアスタイルをキープします。毛髪ダメージを補修しハリコシ感を与えるフィルムケラチン、すこやか成分カキタンニン配合。シュガースクワラン、オーガニックアルガンオイルが髪にうるおいを与えます。

オブコスメティックス スタイルコントロールジュレ・6.9解析チャート

オブコスメティックス スタイルコントロールジュレ・6.9の解説

うるおいとセット保持能力が高いジュレ。

程よい固さを持続させるジュレ系スタイリング剤

髪にほどよいセット性を与えてツヤよく仕上げる。

(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMPというとてもハンドリングが良いセット成分がスペースに使われています。 カキタンニンや硫酸亜鉛のような収斂性を与える成分の配合が見られたり、 ケラチンやスクワランのようなか髪にコシやなめらかさを与えるような成分、ワックスなどで同じの キャンデリラロウといった構成でできていますね。

髪のセット剤ながら、頭皮を引き締めて皮脂コントロール効果までもたせようという意図があるのでしょうか。

製品全体の刺激性も低く、頭皮にとっては負担の低い安心感のあるセット剤だと言えそう。

整髪料でありながら、使用感は洗い流さないトリートメントのよう

オブコスメティックスらしい、髪質をコントロールしながらセットしてるという発想。

一番上のクオリティでヘアセットしたいなら、この不思議なジュレを使うことも悪くない選択です。

ケラチンの配合もあってほどよく弾力性も与えることや、セット持続性を高める素材がベースにあったりと、セット剤とトリートメントの中間のような性格が特徴といえます。

まさにスタイルコントロール。



固めたり濡れたりだけの整髪料ではない、一段上のレベルにある製品

    
JAN/
得点/2.79 %
245個中/65位 %
成分数/25
105ml/2200円/1mlあたり21円 %
安全性4 %
・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。
硫酸亜鉛
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。
カキタンニン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。
加水分解ケラチン(羊毛)
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG