リーブルアロエスパジアス コンディショナーの解析結果

総合順位
464
総合得点 5点満点
2.27
成分数エキス系特効ダメ
20210

リーブルアロエスパジアス コンディショナーの詳細情報

[製造販売元] フタバ化学

[商品ID] 5478
[容量]500ml
[参考価格]1296円
[1mlあたり] 約2.59

素材 

1.2

安全性
3.8
コスパ 
2

環境 

1.6

補修力
3.2
ツヤ 
3.3
感触 
3.6

リーブルアロエスパジアス コンディショナーの解説

厚みのある使用感だが、コンディショナーレベル。

ミネラルオイルを用いたツヤ感の高い製品ですが、

トリートメントというようなレベルにはなく、持続性や即効性は期待できない。

ただし、短時間ながら重厚なコーティング感を得られるのはメリット。

ある程度髪のパサつきを抑えるような目的には良いでしょう。

リーブルアロエスパジアス コンディショナーの全成分

1

2ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

7ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

8黒砂糖

9ハチミツ

・ハチミツ・ローヤルゼリーなどのエモリエント感が感じられやすく、仕上がりにも保湿感を残すでしょう。

10ショウガ根エキス

・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。

11ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン

12セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

13ラウレス-4

クレンジング剤処方向けの増粘剤。取扱が容易。

14エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16ラウレス-23

17アロエベラ液汁末

創傷治癒、保湿作用を目的に配合されます。

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

19プロピルパラベン

20香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

アロエでおなじみのリーブルから黒糖と相性のよい天然保湿成分ハチミツと美髪成分ショウガ根エキスを配合

リーブルアロエスパジアス コンディショナーの関連商品

リーブルアロエスパジアス コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。