ユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメントの解析結果

総合順位

63

総合得点 5点満点

3.34
成分数エキス系特効ダメ
37520
素材
4.1
安全性
4.8
コスパ 
4.3
環境 
2.8
補修力
3.9
潤滑性
5.2
頭皮改善 
1.9
ツヤ 
3.4
持続性
4.2
感触 
5.7

ユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメントの解説

このテンプレートは見たことがある・・

何処かで見たことのある全成分表ですが、おそらく供給元が同じなのでしょう。

配合成分は強力ながら、配合量が軒並み貧弱というパターンのトリートメントです。

それでも、もちろん無いよりはマシなわけですが、



それぞれの成分が効果を発揮する有効濃度というものがあるので、



配合量が香料以下なのはともかく、微量の素材がいくつも名を連ねている場合は、演出に近い処方であると見たほうが実際的です。



そういう目線でいくと、この製品の実際のところは並のコンディショナーに多少の保湿感をプラスした程度ということがわかります。



そして、値段なりということも。



配合成分のクオリティのわりに格安である場合、ほとんどは要所でケチっているパターンが多いのは有名です。



安くても良心的で効果的な製品なら、もっと成分数が絞られ、有効成分が上位に名を連ねるケースが多いですから、



この製品のクオリティはある程度察しがつくということです。

ユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメントの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

4ケブカワタ種子油

ビタミンEを豊富に含み、抗酸化作用を付与する。

5セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

6トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

7ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

8香料

香りづけ。

9アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

10オリーブ果実油

11ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

12アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

13シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

14ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

15カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

16セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

17タチジャコウソウ花/葉エキス

シソ科植物でタイムというハーブの名称の方が知られているかもしれません。防腐・殺菌作用をはじめ、血行促進、抗酸化作用を付与します。

18ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

19ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

20オニイチゴ根エキス

21加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

22加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

23加水分解シルク

24(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

25ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

26ポリクオタニウム‐51

27レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

28イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

29ヒドロキシエチルセルロース

30アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

31ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

32シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

33EDTA‐2Na

34アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

35BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

36エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

37フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

しっかりと潤いある髪に仕上がるトリートメントです。化粧品原材料としても使用されるナチュラル系、オーガニック系の原材料を使用しています。大地の恵みが優しく包みこむイノセントフローラルの香り。

ユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメントの関連商品

ユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメント 500ml【楽天24】[ユーレルム サロンクオリティーヘアケア リンス・コンディショナー]
楽天でユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメントを買う

ユーレルム サロンクオリティーヘアケア ジェイドグレイス トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。