シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サランロム シャンプー カームダウン(ダイショートレーディング) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

サランロム シャンプー カームダウン

ダイショートレーディング

サランロム シャンプー カームダウン

サランロム シャンプー カームダウンの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感: X
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
まとまり: X
1mlあたり10 円
200 ml/2000 円

サランロム シャンプー カームダウンの解析結果

激しい脱脂性を持つ危険なダメシャンプー。


精油の香りに惹かれて使うことないように心がけたい一品です。
浸透性、脱脂力が強く、肌荒れ、毛髪ダメージ必至のダメシャンプー。

全成分を順に見ていきましょう。

ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。

洗浄剤に関しては最低レベルのだめっぷり。
その他の成分をピックアップすると、
スペアミント油はペパーミントより甘みのある香りが特徴で、これはペパーミントに含まれるメントールがスペアミントには含まれないため。気持ちを元気にする効果。
アオモジ果実油はレモンに似た香りの精油で、殺菌・抗炎症作用・クレンジング作用が高くリラックス効果を与える爽やかな香り。
インドレモングラス油はレモンに似た香調で、レモンの香りを非常に強く、少し甘さを加えた印象です。デオドラント効果、リフレッシュ効果などを与えます。
キンコウボク花油はモクレン科オガタマノキ属で保湿、肌の鎮静効果などを付与。
イヌリンはゴボウ・菊芋などに含まれる果糖の重合体(多糖類)で、食物繊維の一種です。その組成から、非常に多くの水を抱えこむ保湿効果に優れます。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
ウコン根茎エキスはクルクミンを豊富に含むショウガ科植物の根茎抽出エキス。優れた抗炎症作用、抗酸化作用を付与。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
ソルビン酸Kは非常にマイルドな食品にも使われる防腐剤。

総合すると、
エキス、精油は見どころがあるものの、洗浄剤の質が最低。
これは使うべきでない安物と心得ましょう。
並の市販品の方がずっと肌にやさしいレベル。

サランロム シャンプー カームダウンの宣伝文,商品説明:

天然のエッセンシャルオイルを含んだノンシリコンアロマシャンプーです。
髪と地肌をさっぱりと洗い上げ、爽快感を与えてくれます。しなやかで健康な髪に導きます。すがすがしく穏やかな香り。合成香料・着色料・石油由来成分は使用していません。

サランロム シャンプー カームダウンの全成分:

水、ラウリル硫酸アンモニウム、デシルグルコシド、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、スペアミント油、プルット果皮油、アオモジ果実油、インドレモングラス油、キンコウボク葉油、キンコウボク花油、イヌリン、加水分解コムギタンパク、ショウガ根エキス、チャ葉エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジンエキス、ウコンエキス、スギナ葉エキス、安息香酸Na、ソルビン酸K、シア脂アミドプロピルベタイン、変性アルコール、ヒドロキシプロピルグア-ヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、硫酸アンモニウム、塩化アンモニウム、ベタイン、乳酸、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料