ハーバルエッセンス ビオリニュー モロッカンオイル シャンプーの解析結果

ハーバルエッセンス  ビオリニュー モロッカンオイル シャンプー

総合順位

2199

総合得点 5点満点

-0.13
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
245201
  • ハーバルエッセンス ビオリニュー モロッカンオイル シャンプーの詳細情報
  • P&Gの関連商品
  • [JANコード] 4902430867054
  • [商品ID] 7202
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 1058円
  • [1mlあたり] 約 2.65円
ハーバルエッセンス ビオリニュー モロッカンオイル シャンプー解析チャート

ハーバルエッセンス ビオリニュー モロッカンオイル シャンプーの解説

どうにもならないダメシャンプー

ある意味でハーバルエッセンスらしいシャンプーだが

ひどいものです。ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naが2トップで並ぶ超強力な脱脂力のシャンプー。洗浄力だけでなく、浸透性も非常に強いため根こそぎ肌バリア成分を除去してしまいます。

ジメチコン=シリコーンを配合しているのも納得。これだけ脱脂力が強烈では、なにかしら指通りを改善する添加剤が必要になるのは当然でしょう。シリコーンが善い悪いという話ではなく、洗浄剤がダメすぎて猫の手も借りたい状態なのです。

ボタニカル発想?どこが?

ラウリル硫酸Na、シリコン、キシレンスルホン酸Na、変性アルコール・・・という並びは日本で売られているハーバルエッセンスと何ら変わりなく、海外から来たとは言え全くボタニカル感のない、ハーバルエッセンス感しかない中身です。

これなら、日本でどこでも売っているハーバルエッセンスを買ったほうがコストパフォーマンスという点ではマシなようですね。というか、美容を考えたら最悪な選択肢の1つですし、あえて使う理由がないのではと思います。

このクオリティで楽天10冠とは、消費者の見る目が疑われます

非常に残念に思うのは、これほど時代遅れでデメリット盛りだくさんなシャンプーが楽天ランキング10冠を達成した、らしいのです。無知は罪、とはよく言ったものですが、いくら安くて有名なブランドだからって、このレベルまで落ちたらダメでしょう。ある意味でシリコーンが悪役みたいに見られるのはこういうシャンプーに助っ人として使われたのが原因であって、洗浄剤が粗悪すぎてダメなのが問題なのです。むしろ、シリコーンがなければ使い物にならないレベルってことです。

何も高価な純アミノ酸系シャンプーを全員が使うべき、とは言いませんが、安物買いして髪と頭皮をボロボロにすることも同時にオススメできません。このシャンプーは今どき珍しいくらいに皮膚を浸透するほど分子量が小さく、激しく脱脂する特徴を持ったシャンプーであり、それをシリコーンでごまかして手触りをよく感じさせているのが実態です。変性アルコールのような粗悪な素材を使ったりする点も、価格以上に安物感を漂わせています。

皮膚と髪を少しでも大事に、美しく保ちたいとお考えであればまず使うべきではない商品の1つと強調します。

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。
ラウリル硫酸Na
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。
アロエベラ液汁

最下層の中の最下層。



洗浄剤が食器用洗剤と同等。



皮膚の肌バリアも一掃してしまう激しい洗浄力

販売元による宣伝文

●日本初上陸。
●ダメージが気になる方に・・・。
●ボタニカル発想で毛先までなめらかな髪へ。

ハーバルエッセンス  ビオリニュー モロッカンオイル シャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。