パンテーン ミラクルズ 洗い流さないトリートメント カラーシャインの解析結果

パンテーン ミラクルズ 洗い流さないトリートメント カラーシャイン

総合順位

1977

総合得点 5点満点

1.48
成分数エキス系特効ダメ
24000
  • パンテーン ミラクルズ 洗い流さないトリートメント カラーシャインの詳細情報
  • P&Gジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4902430679336
  • [商品ID] 7811
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 1760円
  • [1mlあたり] 約 14.67円
パンテーン ミラクルズ 洗い流さないトリートメント カラーシャイン解析チャート

パンテーン ミラクルズ 洗い流さないトリートメント カラーシャインの解説

引くくらい良くない。

良くない、良くない、良くないです・・!!

良くない理由を言ったらキリがないぐらい。

まず前提として、洗い流さないトリートメントであるということがあります。

洗い流さないということは、つけたままでも安全であるということが前提になってはいけません。

そういう意味では、前提からおかしな事になってしまっている製品ということができます。

おかしな点その1

がっつりカチオン界面活性剤が配合されていること。

3級カチオン界面活性剤だけならまだしも、ベヘントリモニウムメトサルフェート(4級カチオン界面活性剤)まで配合されています。

これでは普通のトリートメントやコンディショナーと変わらず、カチオン界面活性剤の怖い部分であるタンパク変性作用を存分に味わうことができてしまいます。

タンパク変性作用というのは、皮膚のタンパク質のコイル構造を分解して文字通り変性させてしまうということで、端的に言えば肌荒れに直結します。

髪にだけ塗るからいいだろう、と思ったそこのあなた。それは甘いです。

髪に塗った液が頭皮に落ちてきたり、顔や首デコルテの部分などに付着することはよくあることで、その部分が肌荒れをしている方を見たことがないでしょうか。

髪が触れる部分が荒れている方は、4級カチオン界面活性剤による被害であるケースが非常に多いのです。

おかしな点その2

コーティングが安物。

ベースがなんとアモジメチコン。アモジメチコンでは、使うたびに髪に堆積してしまい、洗っても落ちにくく、繰り返し使うとツヤや手触りが悪化していくという欠点があります。

このような質の悪いものがベースにあるようでは、安全性がどうのこうの言う前に論外といってもいいほどです。

その他にまともなコーティング素材もないので、本当に質の低い洗い流さないトリートメントだなあという印象が残りますね。

まとめ

リスクが大きくメリットは少ない、まさにおすすめしない典型的なタイプの製品です。

高級美容カプセル、だそうですが、100円均一で売っているカプセル型のトリートメントの方がまだマシではないか.

本気でそう思わざるを得ないような低品質ぶり。

そしてリスク管理の意識の低さ。

ぜひ商品説明文と、実際の乖離具合を見比べてみてください。

パンテーンがあまりお勧めされない理由がここに凝縮されているように思います。

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。
ベヘントリモニウムメトサルフェート
3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。
ステアラミドプロピルジメチルアミン

肌は荒れるし髪は使うほどゴワゴワになる、なにこれ。

販売元による宣伝文

カラーした髪の色落ちとダメージにダブルでアプローチぎゅっと濃縮された高級美容液カプセル手のひらで混ぜると弾けるカプセル。新鮮な美容液成分が髪の奥深くまで浸透し、カラーによって起きた深刻なダメージを補修。濃厚クリームでキューティクルをしっかり閉じ、カラーを髪内部にとどめます*。