シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Aesop(イソップ) EQ シャンプー
(Aesop(イソップ)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

Aesop(イソップ) EQ シャンプー

Aesop(イソップ)


Aesop(イソップ) EQ シャンプー のオススメレベル

Aesop(イソップ) EQ シャンプー の解析結果

期待はずれと言っていいほど安っぽい処方。


アロマオイル、天然エキス類はさておき、
ベースの洗浄剤がシンプルな安物。

この一点において既に大半の方には向かないシャンプーといえますが、
さらに変性アルコール、ポリソルベート20といった一昔前の処方も散見されるなど、全体的に古臭い印象を残す一品です。

当然これでは、(アロマオイルのリラックス効果はあるにせよ)質の高いバスタイムを過ごせることはなく、
髪や頭皮が痛んでいる方ほど苦痛に感じさえするシャンプーでしょう。

値段設定としては高額な部類に入りますが、中身だけ見るといつの時代の処方かと突っ込みたくなるような、少し残念な内容です。


[PR]

Aesop(イソップ) EQ シャンプー の全成分:

水・ラウレス硫酸Na・ココアンホ酢酸Na・ココベタイン・コカミドDEA・PG・フェノキシエタノール・セージ油・ポリソルベート20・変性アルコール・クエン酸・ユーカリ葉油・アトラスシーダー樹皮油・ベルガモットミント葉エキス・セイヨウハッカ油・ローズマリー油・セイヨウネズ果実油・ティーツリー葉油・海塩・メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン・セイヨウノコギリソウエキス・カミツレ花エキス・ウイキョウ果実エキス・ホップエキス・メリッサ葉エキス・セイヨウヤドリギ葉エキス・香料[04]

主な成分の解説をみるstrong>ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
変性アルコールは飲用にもなるエチルアルコールに変性剤を加え工業用(無税)アルコールに用途を絞ったもの。価格は安くなるが、変性剤はメチルアルコールなど毒性が心配なケースが多い。
ユーカリ油はティートゥリーオイルをシャープにしたような香りで、ローズマリーにも似た香調。抗菌性、消臭・集中力アップ、眠気覚まし効果などを付与します。
アトラスシーダー樹皮油は皮脂コントロール機能や抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効能があります。サンダルウッドのようなウッディーな香りが特徴。
ベルガモット果実油は紅茶アールグレイの香り付けで知られる精油。リラックス、リフレッシュ効果を与える特徴をもつアロマオイルです。
セイヨウハッカ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制、収斂、血行促進効果。
セイヨウネズエキスはヒノキ科の針葉樹の木の実から得たエキス。収れん、血行促進、抗ニキビ効果。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
セイヨウノコギリソウエキスは抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ウイキョウ種子エキスは抗酸化作用、スキンコンディショニング作用を付与する効果。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
メリッサ葉エキスは皮脂抑制、線維芽細胞産生促進、抗菌作用。
セイヨウヤドリギエキスは保湿、収れん作用を付与。
[PR]
Aesop(イソップ) EQ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム