解析結果

カバーマーク クリアウォッシュ

広告を含みます。

総合点

2.18

総合ランク

310個中 227

成分数

23

植物エキスの数

8

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

2

注意が必要な素材

0
カバーマーク クリアウォッシュ解析チャート シルクドリバー公式オンラインショップ
販売元による宣伝文
角質クリア洗顔パウダーつっぱり感なく、スベスベ透明肌へ。肌をやさしく、すっきりと洗いあげる、弱酸性のアミノ酸系パウダー洗顔料。1.タンパク分解酵素配合により、古く固くなっている不透明な角質をほぐして取り去り、つるつるスベスベの肌へ導きます。2.植物抽出エキス(保湿成分)を包み込んだ黄色い「スキンケアカプセル」配合。洗顔後の肌にうるおいを残します。3.耐湿性に優れたパウダーなので浴室に置いても湿りにくく、サラサラのまま、最後まで快適にご使用いただけます。
カバーマーク クリアウォッシュ解析チャート
広告を含みます。

カバーマーク クリアウォッシュの解説

よくない部分があります。

ポリエチレン末がスクラブに使われることは珍しくありませんが、この微細プラスチックが環境に分解せず放出されることが近年問題となっています。

現在ではスクラブ剤の代替として、環境中で分解しやすい素材が使われるようになってきていますので、

このようなタイプの洗顔料は過去のものとなっていくでしょう。


さて、洗顔料としては洗浄剤がアミノ酸系で、ややマイルドに思えますがオレフィンスルホン酸Naやスクラブ剤、タルク、結晶セルロースなどの物理的なクレンジング効果による部分が肌に多少負担を与えます。


単に洗浄しすぎるリスクを持つ他、洗浄剤もマイルドなのか強洗浄なのか、どちらともとれるような、やや中途半端な効力といえる内容です。

赤潮問題を引き起こすリスクがリン酸の配合に見て取れる点も若干マイナス。


こう見ていくと、環境にやや負荷をかける度合いが強い製品であると読み取れます。