北海道良品ラベンダーコンディショナーの解析結果

総合順位

420

総合得点 5点満点

2.33
成分数エキス系特効ダメ
20000
  • 北海道良品ラベンダーコンディショナーの詳細情報
  • 北海道良品の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 541
  • [容量] 1000ml
  • [参考価格] 2520円
  • [1mlあたり] 約 2.52円
素材 
1.6
安全性
3.8
コスパ 
2
環境 
2.9
補修力
2.8
潤滑性
3.3
頭皮改善 
1.9
ツヤ 
2.4
持続性
3.3
感触 
4.5

北海道良品ラベンダーコンディショナーの解説

とりたててどうってことない製品です。

リンスなので、この程度といってしまえばそうですが、なんて事ないレベルの軽い効果を付与する製品。

総合すると、

コンディショナーといってしまえばそれまで、ごくごくありふれたリンスの1つといった一品です。

特に持続性もなく、浸透性もない、さっぱりした感触改良剤で、穏やかなコンディショニング作用を持ち味としています。

悪く言えば、温泉においてあるようなちょっとしたリンス剤レベル。

北海道良品ラベンダーコンディショナーの全成分

1

2シクロメチコン

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

5(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

6ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

7セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

8べタイン

9スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

10PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

11PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

12ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

13ラウロイルメチルタウリンNa

肌に非常に低刺激ながら、泡質、泡立ち、洗浄性がとても適切で使用感の良い洗浄剤です。

14水酸化Na

15メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

16ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

17イランイラン油

18ローズウッド木油

19ブチルパラベン

20トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

販売元による宣伝文

ベンダーアロマオイル配合。ラベンダーアロマオイルの爽やかな香りが心地よいバスタイムを演出し、失われた潤い成分をすばやく浸透させてやさしく仕上げます。ドライヤーの熱やカラーリングで傷んだ毛髪を補修するタウリンも配合。

北海道良品ラベンダーコンディショナーの関連商品

北海道良品ラベンダーコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。