ミノン コンディショナーの解析結果

総合順位
350
総合得点 5点満点
2.48
成分数エキス系特効ダメ
13000

ミノン コンディショナーの詳細情報

[製造販売元] 第一三共ヘルスケア

[商品ID] 931
[容量]150ml
[参考価格]735円
[1mlあたり] 約4.9
素材 
2.5
安全性
4.5
コスパ 
3.6
環境 
3
補修力
2.9
ツヤ 
2.4
感触 
4.1

ミノン コンディショナーの解説

極力刺激を抑えられたリンス。

リンス系界面活性剤は殺菌作用もあるので、このような防腐剤無添加も可能です。

製品は表面コーティングを主体にしたリンスらしいリンス。さらさら系で比較的自然な仕上がりを期待できます。低ダメージまでの方限定です。

ミノン コンディショナーの全成分

1

2セテアリルアルコール

3ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

4ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6シクロメチコン

7グルタミン酸

8オクチルドデカノール

植物由来の分枝鎖飽和アルコールで、水添ポリイソブテンの感触改良作用がある。薄い皮膜を形成し、ベタつきのないさらっとした感触を与える。

9ラウロイルサルコシンイソプロピル

・通称”エルデュウ”配合。味の素が開発したアミノ酸系エモリエント剤です。難溶性の紫外線吸収剤などを溶解し、軽いタッチが特徴です。

10加水分解シルク

11メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

12ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

13香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

植物性アミノ酸系コンディショニング成分を配合した枝毛、切れ毛を防ぎ、しなやかで指どおりのよい髪に仕上げてくれるヘアコンディショナーです。微香料、無着色の低刺激、健康な髪や頭皮と同じ弱酸性で、お肌に余分な負担をかけません。アレルギーの原因物質も極力カットしました。保湿成分が髪につやとうるおいを与え、健やかな髪に保ちます。

ミノン コンディショナーの関連商品

ミノン コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。