レイヴィーボディシャンプーパパイヤの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

レイヴィーボディシャンプーパパイヤの解析結果

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイヴィーボディシャンプー パパイヤ 1150ml
価格:840円(税込、送料別) (2018/1/31時点)


総合点2.95
286個中95位
品質1.3 %
成分数20
1mlあたり0.8円 %
安全性2 %
エキス類2
詳細情報
  • レイヴィーボディシャンプーパパイヤの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4582194815357
  • [ランキング] 95位 286個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.95点
  • [ジャンル] BS
  • [容量] 1150ml
  • [参考価格] 905円
  • [1mlあたり] 約 0.79円
  • [商品ID] 6311
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]20
  • [洗浄剤数]2
  • [エキス類]2
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]1
販売元による宣伝文
●パパイヤ&カンゾウ配合でキメの整ったスベスベなお肌に。肌のざらつきや硬さが気になる方におすすめです。
●(パパイヤ果実エキス:整肌成分)&(カンゾウ根エキス:皮膚コンディショニング成分)配合
関連商品
    レイヴィーボディシャンプーパパイヤの関連商品
レイヴィーボディシャンプーパパイヤ解析チャート

レイヴィーボディシャンプーパパイヤの解説

クオリティーの低さにさらに悪いものが重なった内容。


洗浄力の無駄な強さと、ピーリング、シリコーンの皮膜など、
およそ体を洗うのに必要なものなのか?と疑いの目を向けずにはいられないいないようです。

これほど強く洗わなければならない汚れや、角質を強制的に溶かさなければいけない、シリコーンの皮膜でコーティングしなければならないなど、
ご自身にこれらの要素が本当に必要なのか、自問する必要があるといえます。

洗浄剤の(ラウレス硫酸ナトリウム)質の悪さから始まり、感触をごまかすためのいくつかの成分、特にシリコンの配合のように、
髪を洗うシャンプーかのような構成が体を洗うに適さない印象を抱かせます。
そしてピーリングでお馴染みの、パパイン(パパイヤ果実エキス)配合というのは、それが必要な場合であれば良いのですが、毎日使うようなボディーソープに入っているべきではありません。
角質を毎日溶かして除去していたら、敏感肌になる他に道がないように思います。
純粋な石鹸のようなボディーソープも考えものですが、仮に弱酸性だとしても、このようなボディーソープも考えものです。 単純に洗浄力が強いだけでなく、余計な要素が本当に多い。