シュウウエムラ フレッシュ シャインクリア クレンジングオイルの解析結果

シュウウエムラ フレッシュ シャインクリア クレンジングオイルshu uemura(シュウウエムラ)皮脂に着目した植物由来成分を配合し、オイルとは思えないほどサラサラとしているので、すばやく馴染んでメイクや毛穴に詰まった汚れをすばやく落とします。

総合順位

36

総合得点 5点満点

3.79
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
230300
  • シュウウエムラ フレッシュ シャインクリア クレンジングオイルの詳細情報
  • shu uemura(シュウウエムラ)の関連商品
  • [JANコード] 4935421385800
  • [商品ID] 5996
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 3130円
  • [1mlあたり] 約 20.87円
洗浄力
3.8
素材 
3
安全性
4.9
コスパ 
4.5
環境 
3.1
潤滑性
2.9
頭皮改善 
2.8
ツヤ 
2.3
持続性
2.2
感触 
3.5
アンチエイジング
2.3
美白
2.9
洗浄剤
3.3

シュウウエムラ フレッシュ シャインクリア クレンジングオイルの解説


シュウウエムラ フレッシュ シャインクリア クレンジングオイルの全成分

1パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

2ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

3トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

4ジカプリン酸ポリグリセリル-6

5炭酸ジカプリリル

低濃度で高い拡散性があり、紫外線吸収剤のような難溶性成分も溶解させるエステルオイル。

6ジオレイン酸ポリグリセリル-10

7フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

8ポリブテン

9オレイン酸ポリグリセリル-2

10ジカプリリルエーテル

優れた延展性を有した非常に軽い使用感の油剤です。 シリコーンとの相溶性に優れ安定性、生分解性が良好な油剤です。クレンジング剤などに適す。

11トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

12スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

13ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

14メントキシプロパンジオール

・メントキシプロパンジオールは無臭で冷感を付与する成分です。

15サフラワー油

16カプリロイルサリチル酸

17PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

18カプリロイルグリシン

・カプリロイルグリシンはグリシンバイオベクターとして抗菌性を与え、防腐剤の使用量の軽減が可能。5-αリダクターゼ阻害効果があり、脂漏性皮膚炎の有効なケア成分である。

19サルコシン

20スミノミザクラエキス

21セイロンニッケイ樹皮エキス

22ソメイヨシノ葉エキス

メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。

23香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

皮脂に着目した植物由来成分を配合し、オイルとは思えないほどサラサラとしているので、すばやく馴染んでメイクや毛穴に詰まった汚れをすばやく落とします。


シュウウエムラ フレッシュ シャインクリア クレンジングオイルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。