いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの解析結果

総合順位

1070

総合得点 5点満点

2.05
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
305701

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー解析チャート

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの解説

少ししっとり感あるが、満足度は微妙かも・・

程よくさっぱり感があり、かつしっとりな仕上がりが期待できる内容です。



ただ、そこに至る素材のチョイスが少しデメリットを予感させます。


先頭のラウロイルサルコシンTEAからして少し曲者。

歯磨き粉で殺菌剤として使われるラウロイルサルコシン塩です。

高めの洗浄力と、殺菌性、泡立ちが特徴で、アミノ酸系の中でも”らくしない”タイプです。

いくつか添加されている洗浄剤との組み合わせでややエモリエントなタッチに感じられるかと思います。



いち髪に特徴的なコメ系や植物系のエキス類はここでも多種配合されていますが、全体の中ではさほど存在感を示せないのでは、と見られます。

曲者の洗浄剤ベースがかなり印象的ですから、正直、添加エキスの効能など誤差の範囲に留まる可能性が結構ありそうです。



ということで、基本的に頭皮の皮脂が多いとか、整髪料が多いとか、脂漏性皮膚炎とか、ちょっと殺菌要素もほしいタイプの方に向いている、と極端にいえばそんな感じです。



良く言えばアミノ酸系のさっぱり仕上げシャンプーというバランス型とも言えますが、

少しいち髪の中では個性が少し弱いと感じるかもしれません。

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの全成分

1

2ラウロイルサルコシンTEA

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

3パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

アミドベタイン型の両性界面活性剤。硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力を付与。

4コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

5コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

6ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

8ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

9コメヌカエキス

10アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

11チャ花エキス

12ボタンエキス

ボタン科の牡丹の根から抽出。ぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインを含有し、消炎・血行促進作用・アンチエイジング作用を付与する。

13ラカンセア/加水分解コメ発酵液

コメをラカンセアして発酵して濾過し得たエキスです。保湿作用を付与。

14コメ胚芽油

ポリフェノールの一種γ-オリザノールやリノール酸リッチなコメの胚芽オイルです。アンチエイジング、美白効果やリッチな感触が特徴 。

15サクラ葉エキス

ソメイヨシノの葉から抽出したエキス。美白作用があるとされ、抗酸化作用に優れます。

16ツバキ種子エキス

線維芽細胞賦活作用などが期待できます。

17ヒオウギエキス

18ムクロジエキス

19塩化Na

20クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

21グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

22ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

23ポリクオタニウム-49

メタクリロイルエチルベタイン、メタクリル酸PEG-9、塩化メタクリロイルエチルトリメチルアンモニウムの共重合体です。シリコンのような滑性をシャンプーなどに与える他、持続性のある保護膜を形成し濯ぎ、洗浄時の絡まりを防止します。

24ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

28安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

29香料

香りづけ。

30カラメル

販売元による宣伝文

補修から予防までする、和草のちからで生まれたての髪*の美しさを守り、傷みにくい、芯から健やかな絹髪へ
*根元付近の髪

○純・和草プレミアムエキス(補修&予防成分)
紫玄米ぬか*1 あんず油 茶花 牡丹皮(ボタンピ) 黒米発酵α*2 コメEX-S*3 サクラ ツバキ ヒオウギ ムクロジ
*1 コメヌカエキス *2 ラカンセア/加水分解コメ発酵液 *3 厳選された米の研ぎ汁由来成分

補修:ダメージで失われた、うるおいや艶を補給。+予防:髪と地肌をW保湿、乾燥によるダメージを予防。
○パサつき、広がりが気になる髪も、しっとりまとまる
●モイストチャージ処方
●植物由来アミノ酸系洗浄成分*4使用
●ノンシリコン・サルフェートフリー*5処方
*4 ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa
*5 硫酸系界面活性剤不使用

ほろ甘いあんずと上品な桜 三分咲きの香り

予防美髪
髪と地肌に、和草のちから
芯から健やかに
しっとりまとまる絹髪へ
一本一本が凛とした、絹髪へ

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーの関連商品


楽天でいち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを買う

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。