サロンスタイル シャンプー (リッチモイスチュア)

総合順位

2060

総合得点 5点満点

0.71
  • 販売元株式会社コーセー
  • 英名KOSÉ Corporation
  • 郵便番号〒1038251
  • 住所:東京都中央区日本橋3-6-2
  • 電話番号0120526311
  • メール
  • web公式サイト
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
303300
  • サロンスタイル シャンプー (リッチモイスチュア)の詳細情報
  • コーセーの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5274
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 972円
  • [1mlあたり] 約 1.94円
サロンスタイル シャンプー (リッチモイスチュア)解析チャート

サロンスタイル シャンプー (リッチモイスチュア)の解説

ヤバめな刺激シャンプー

ラウレス硫酸Naとカチオン界面活性剤のダブルデメリット

洗浄力が非常に強いラウレス硫酸ナトリウムがベースのチープなベースのシャンプー。ラウレス硫酸Naベースはよくある話ですが、そこにステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)を添加して肌へのリスクより感触を優先した作りになっています。

感触優先といっても、ラウレス硫酸ナトリウム+4級カチオン界面活性剤のような感触の出し方は蓄積してしまうコーティングを形成するため、使うほどに質感が悪化します。4級カチオン界面活性剤自体、ラウリル硫酸ナトリウムを凌ぐタンパク変性作用、圧倒的な皮膚残留性を持つ皮膚刺激成分です。髪にだけ塗るのであればダメージケアに大いに役立ちますが、シャンプーに入れたり、洗い流さない製品に入れると危険性が顕在化します。

極めて安っぽいリンスインシャンプー

いわゆるコンディショニングシャンプー、リンスインシャンプーというジャンルでは、もっとも安っぽい手法といっても過言ではない作り方です。アルガンオイルとかオリーブオイルとか、清涼感が良いとか、良い部分もあるにはありますが、デメリットがあまりにも目立つため受け容れられません。

リンスインシャンプーの悪い見本として遠くから白い目で見るのがオススメです。もちろん、使いたい方に絶対やめろとは言いませんが、より良い選択肢は無数にありますよ、ということは覚えておきましょう。

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。
ステアルトリモニウムクロリド
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
・清涼作用のセイヨウハッカエキス配合。
セイヨウハッカ葉エキス
アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。
カミツレ花エキス
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
オリーブ果実油

値段以上に安い



悪い見本のリンスインシャンプー

販売元による宣伝文

新・サロンスタイル誕生~オーガニックの恵みで髪と地肌をケアするきしまないノンシリコンシャンプー~◇◇ 地肌ケア & ダメージケアの両立。 生命力あふれる豊かな潤いが髪と地肌にいきわたります。 素早くたっぷり泡立ち地肌の乾燥やフケ・かゆみを抑えてニオイもスッキリキシみ感なく髪と地肌をうるおいで満たし 、さらり軽やかで指どおりなめらかな髪に洗い上げます。 //保湿// 5種のオーガニックハーブとアルガンオイル配合配合成分:ペパーミント、カミツレ、オリーブ、ホホバ、サフラワー、アルガンオイルG(保湿)配合 //浸透補修// オリーブ由来の浸透成分配合 毛髪の細胞間の細胞膜複合体であるCMCを補修して、しなやかで健やかな髪へ //アロマ// アロマチューニング効果で時間がたってもほのかに香りが寄りそう 嫌なニオイのもととなる頭皮の汚れや残存スタイリング剤をスッキリ洗い流し、アロマチューニング効果により、より香りが長続きします。
サロンスタイル シャンプー (リッチモイスチュア)の解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。