アリミノ ミント シャンプー マイルドリフレッシュの解析結果

アリミノ ミント シャンプー マイルドリフレッシュ

総合順位

1404

総合得点 5点満点

1.85
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
376610
  • アリミノ ミント シャンプー マイルドリフレッシュの詳細情報
  • ARIMINO/アリミノの関連商品
  • [JANコード] 4901275032788
  • [商品ID] 7622
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 1650円
  • [1mlあたり] 約 6.6円
アリミノ ミント シャンプー マイルドリフレッシュ解析チャート

アリミノ ミント シャンプー マイルドリフレッシュの解説

清涼感あれどちょっと安っぽい

クールで気持ちいいけどいまひとつ

メントールの清涼感が特徴のシャンプーです。

しかし、ラウレス硫酸ナトリウムベースということで、いわゆる量産型シャンプーというタイプですね。

脱脂力が強いので、クールで気持ちいいかわりに肌は乾燥にさらされやすいですね。

安物ではないが中途半端

救いがあるとすれば、ラウレス硫酸ナトリウムに加えてアミノ酸系洗浄剤(ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルシルクアミノ酸Na)がプラス。

これにより、強すぎる脱脂力や皮膚への負担が軽減されています。

そして、仕上がりにややコンディショニング作用を感じさせるメリットが生まれていますね。

PPG-3カプリリルエーテルというシリコンの代替成分の添加もあるので、意外と指通りが良いと感じるかもしれません。

総評

ラウレス硫酸ナトリウムベースだったり、乳化剤がちょっと型落ち感あったりするなどコストカットされてる感も匂わせる製品なのですが、弱い部分を補う要素も色々と含んでいる印象です。

例えば植物エキスの配合も割と質が良かったり、洗浄剤に質の良いアミノ酸系が添加されていたり、うまく非難をかわすような処方がされているような感じがします。

悪いとは言い切れないが、基本は安っぽいという感じの位置づけで、クール系のシャンプーとしては可もなく不可もない印象でした。

一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
イヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
サトウキビエキス
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
・清涼作用のセイヨウハッカエキス配合。
セイヨウハッカ葉エキス
コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。
水溶性コラーゲン
ショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
ショウガ根茎エキス
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。
ココイルメチルタウリンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
加水分解シルク
トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。
ベタイン
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
シルク系洗浄剤として、非常に低刺激でコンディショニング効果の高さもありながら、泡質・泡持ちも良い高級素材です。シルクらしい仕上がり感というのもありますが、一番は低刺激性や使用感の良さがメリットといえるでしょう。
ラウロイルシルクアミノ酸Na
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。
オウゴン根エキス
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。
ハトムギ種子エキス
カプリリルアルコールのポリプロピレングリコールエーテルです。シリコンの代替としても用いられる他、シリコンとの併用で均一性の高い皮膜を形成し、ツヤ感をアップさせる効果も。
PPG-3カプリリルエーテル
化粧品用の緑茶乾留エキスです。高い消臭効果や抗菌作用が特徴です。
チャ乾留液

良くはないが、悪くもない。



つまり、中途半端。

販売元による宣伝文

ひんやりをやさしく包んだあたらしいミント
夏の日差しで傷んだ髪と頭皮をクールに洗い上げてやさしくケア。
この夏をもっと爽やかに、気持ちよく。

【3つのリニューアルポイント】
1.あたらしい冷感成分 & Wニオイケアシステム採用
2.女性にうれしいサマーケア機能
3.2020年限定デザイン & ポンプ採用で操作性UP

アリミノ ミント シャンプー マイルドリフレッシュは、夏特有のダメージが気になるケア重視の方へ。
心地よい清涼感で皮脂や汚れを洗い流します。
■サマーケア:シルク由来の洗浄成分を組み合わせた処方。ダメージをケアし褪色しにくい髪へ。オウゴンエキス(補修成分)配合で紫外線ダメージをケアします。
■なめらかな仕上がり:加水分解シルクがキューティクルを保護し、髪をなめらか・さらさらに。