成分名

ココイルメチルタウリンNa

医薬部外品原料規格

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液

INCI名

SODIUM METHYL COCOYL TAURATE

慣用名・別名

N-ココイルメチルタウリンナトリウム

CAS番号

61791-42-2

カテゴリ

アニオン(陰イオン)界面活性剤

化学式

成分ID

687

ココイルメチルタウリンNaのイメージ

概要

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

ココイルメチルタウリンNaの解析

アミノ酸系洗浄剤屈指のバランサー

ヤシ油脂肪酸とアミノ酸のタウリンからなるアミノ酸系陰イオン(アニオン)界面活性剤です。

上質な泡が安定的で適度な洗浄力を持つべたつかない洗浄剤。極めて低刺激で、ベビーシャンプーにも使われるレベルの安全性をもちます。

pHや汚れの大小を問わず比較的安定した泡立ちが使いやすさに寄与しています。

最大の特徴は安全性

ココイルメチルタウリンナトリウムの最も評価されるところは、皮膚刺激や粘膜刺激が非常に低いということです。目にしみたり肌荒れを起こすようなリスクが少ないため、肌の弱い方や赤ちゃんにも安心して使える界面活性剤です。そして、安全性が高いだけでなく、シャンプーの主要な洗浄剤としてもしっかり機能するところが優れた特徴ですね。

pHに左右されない泡立ち

弱酸性領域はもちろん、微アルカリ性のシャンプーでもしっかりした泡立ちを提供します。これはラウレス硫酸ナトリウムなどの界面活性剤と比べても優れた特徴です。そのため主洗浄剤としてはもちろん、ラウレス硫酸ナトリウムなどの補助洗浄剤としても広く採用されている界面活性剤です。

マイルド・ソフト処方に適した洗浄剤

肌の刺激性を抑えた処方のシャンプーに適した洗浄剤です。pHを中性からアルカリ性傾けることによって脱脂力を伴ったシャンプーへの配合も例があります。非常に守備範囲が広く、安全性を訴求した製品への配合に適している極めてバランスの良い洗浄剤の一つで、この成分の配合に関してはほとんどの場合好感度が高くなる成分の一つと言っていいでしょう。

Canvas not supported...

ココイルメチルタウリンNaを含む商品

株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。