広告

総合点

2.84

総合ランク

2932個中 676

成分数

65

植物エキスの数

16

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

7

注意が必要な素材

0

メーカー

アンファー株式会社

ブランド名

スカルプD

容量

350ml

参考価格

3973円

1mlあたり

11.4円

JANコード

4580168654292

KaisekiID

7665

全成分

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • コカミドDEA
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA
  • エタノール
  • 塩化Na
  • メントール
  • グリセリン
  • (アクリレーツ/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10
  • 豆乳発酵液
  • クロレラエキス
  • セイヨウニワトコ花エキス
  • スルホコハク酸ラウリル2Na
  • 海塩
  • オキナワモズクエキス
  • テンニンカ果実エキス
  • クラミドモナスエキス
  • チャ葉エキス
  • カキタンニン
  • 酸化銀
  • ホウケイ酸(Ca/Na)
  • オタネニンジン根エキス
  • サッカロミセス溶解質エキス
  • マンダリンオレンジ果皮エキス
  • イリス根エキス
  • グアバ葉エキス
  • 乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液
  • サッカロミセス/ムレスズメ根発酵エキス
  • ショウガ根エキス
  • ホウセンカエキス
  • クズ根エキス
  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)
  • エチルヘキシルグリセリン
  • (エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10
  • エチドロン酸
  • グリチルリチン酸2K
  • サリチル酸
  • メントキシプロパンジオール
  • シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
  • ココイルアルギニンエチルPCA
  • バニリルブチル
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • ペンチレングリコール
  • カプリロイルグリシン
  • ピロクトンオラミン
  • PCAメンチル
  • マルトデキストリン
  • ラクタミドMEA
  • レシチン
  • 乳酸
  • ヒドロキシプロピルキトサン
  • メンタンカルボキサミドエチルピリジン
  • (メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー
  • 水酸化K
  • BG
  • DPG
  • EDTA-2Na
  • トコフェロール
  • 乳酸Na
  • クエン酸
  • 香料
  • スカルプD スカルプシャンプーオイリー クール解析チャート
    販売元による宣伝文
    夏季限定のクールシャンプーが今年も登場。 頭皮の汚れをすっきり落とす。メントールの30倍のヒンヤリ「Evercool skin」を配合。 6種類の頭皮ケア成分「海水ミネラル」「アルプス氷河水」「モズクエキス」「クラミドモナエキス」「テンニンカ果実エキス」「宇治茶エキス」が夏の過酷な頭皮環境へアプローチ。 さらに冷涼感「シトラスマリン」の香りでニオイをマスキングします。
    関連商品
    スカルプD スカルプシャンプーオイリー クール解析チャート
    広告

    スカルプD スカルプシャンプーオイリー クールの解説

    冷感が違うんです

    クール効果が他と違う

    シャンプーのクオリティうんぬんの前に、このシャンプーの最大の特徴をまず知る必要があります。

    それは、冷却効果のすごみ。

    一般的なメントールによるスースーした感じとは一線を画し、長時間持続・強い冷却・低刺激というクオリティの高い冷却作用が待ち構えているのです!

    メントールを筆頭に、メントキシプロパンジオール、PCAメンチル、メンタンカルボキサミドエチルピリジンと続く冷却成分の数々が機能的に清涼感を届けています。

    ざっとメントールの30倍の冷却効果を持っていたり、少しずつそれを放出することで持続性が長くなっていたり、清涼感好きにはたまらない高性能クール系シャンプーという特徴を持っているわけです。

    ベースはアミノ酸系

    冷却効果が優れていることはおわかりいただけたかと思います。

    それでは、洗浄剤はどんなものでしょう?

    基本ベースはさっぱり系アミノ酸系。ベタッとしないので洗浄力は控えめでもさらっとした仕上がりで不快感はなさそう。

    もちろん、とても肌に優しく、ダメージ毛にも負担をかけにくい構成ということができます。

    添加成分の質も高い

    洗浄剤・清涼剤のほかは相当数の添加成分で満ち満ちています。

    植物エキス・コンディショニング成分が中心で、頭皮にも髪にも仕上がり良く導こうという意図が見えますね。

    これはスカルプD代々このような感じですが、ちょっとずつ中身も進化しているように見えます。

    目立つところでは、キトサン、セラキュート、ペリセア、アミノ酸系両性界面活性剤、オキナワモズク、テンニンカエキスなどなど、人工皮膚素材あり、疑似セラミドあり、浸透性あり、収れん作用や酸化銀による防腐効果をとっているところも目立ちますね。

    素材1つ1つのチョイスはさすがだな、と感じますが、いかんせんスカルプDらしく成分多すぎ問題がここでも見られます。

    成分が多すぎ=1つ1つの成分の有効濃度達してない疑惑が噴出するわけです。

    いくら良い素材でも、効き目がでないほど微量であれば意味をなしません。

    例えばペリセアのように微量でも活躍する成分なら良いのですが、多くの成分は実感できるほど配合されている感じはありません。

    冷却感重視ならあり

    シャンプーとしてのクオリティは悪くありません。まずまず良い部類といえるでしょう。

    素材入れ過ぎ問題で、実際には効いてくる成分が多いわけではなさそうな点は考慮すべきですが、もし冷却効果の部分を期待して使いたいならアリです。

    この冷却効果の違いは試してみたいと思わせるだけのものがあるので、夏に良いシャンプーをお探しであれば1つ選択肢に入れるのもありです。

    ついでに、頭皮に色々とメリットが降り注ぐ可能性がありますし、洗浄剤はさっぱりしてマイルドですので使い勝手は良いですね。

    ピロクトンオラミンのようなちょっと当たりの強い殺菌剤があるのは難点ですが、わりとメリットが多い製品として紹介できるかと思います。

    アンファー株式会社 スカルプD スカルプシャンプーオイリー クールをAmazonアマゾンで購入

    楽天rakutenで購入