ピロクトンオラミンとは 化粧品の成分解析 | シャンプー解析ドットコム

成分名

ピロクトンオラミン

医薬部外品原料規格

INCI名

CAS番号

カテゴリ

化学式

成分ID

12703

ピロクトンオラミンのイメージ

概要

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

ピロクトンオラミンの解析

広範な殺菌性を示すため注意。ジンクピリチオンより真菌への殺菌性が高い。
Canvas not supported...

ピロクトンオラミンを含む商品