BOTANIST ボタニカル トリートメントの解析結果

BOTANIST ボタニカル トリートメント

総合順位

181

総合得点 5点満点

2.85
  • 販売元株式会社I-ne
  • 英名I-ne co.,Ltd.
  • 郵便番号〒5420081
  • 住所:大阪府大阪市中央区南船場3丁目12-22 心斎橋フジビル
  • 電話番号0662450887
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
29010
  • BOTANIST ボタニカル トリートメントの詳細情報
  • BOTANISTの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 292
  • [容量] 490ml
  • [参考価格] 1400円
  • [1mlあたり] 約 2.86円
BOTANIST ボタニカル トリートメント解析チャート

BOTANIST ボタニカル トリートメントの解説

安価なわりにはちょっと効く。

シャンプーの方はノンシリコンを売りにしているわりに、トリートメントはシリコンが最上位。それは置いておいて、
もはや何が'ボタニカル'なのかわからないトリートメントになっています。

植物由来の素材もあるにはあるものの、他の製品とくらべても全く植物性が強調されてる感なし。
良いか悪いかではなく、ボタニカルという言葉に釣られて買った人に対して、ちょっと正直ではないのかなと思います。

トリートメント単体として見た場合、少量ながらペリセアや18-MEAが配合されているなどやや見どころもあるだけに、
最低限のコンディショニング効果は期待できるレベルではあります。
ただし、一時的に滑りが良くなるよ、という以上のものではなく、トリートメントと言うよりはコンディショナー。
悪くないが、ボタニカルとはいえないし、値段相応の効き目しか期待できません。

何か、シャンプーの物足りなさを慌ててトリートメントの方でカバーしているような印象の設計であり、もはや植物性かどうかなど関係なし!といった具合。
世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。
ステアルトリモニウムクロリド
ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
加水分解コラーゲン
リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。
リンゴ酸
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
加水分解ヒアルロン酸
マカデミアナッツ油
非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。
ベヘントリモニウムメトサルフェート
ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。
アミノプロピルジメチコン
N-[3-アルキル(12,14)オキシ-2-ヒドロキシプロピル]-L-アルギニン塩酸塩。アミノ酸系の両性界面活性剤。帯電防止、柔軟性、保湿、ダメージ部洗濯吸着など、カチオン界面活性剤のような特徴を持ちながら低刺激という素材です。優れた滑り特性によりシリコーンの代替としても使われる素材。
アルキル(C12-14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl

販売元による宣伝文

・天然由来植物成分90%配合・上品さを彩るアップル&ベリーのダブルフレグランス・肌や頭皮のバリア機能を整え、うるおいを閉じこめます。また、髪の弾力とツヤに必要な水分を抱える力を高めます。

BOTANIST ボタニカル トリートメントの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。