BOTANIST ボタニカルヘアオイル(モイスト)

総合順位

13

総合得点 5点満点

4.08
  • 販売元株式会社I-ne
  • 英名I-ne co.,Ltd.
  • 郵便番号〒5420081
  • 住所:大阪府大阪市中央区南船場3丁目12-22 心斎橋フジビル
  • 電話番号0662450887
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
34510
  • BOTANIST ボタニカルヘアオイル(モイスト)の詳細情報
  • I-ne(イーネ)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5467
  • [容量] 80ml
  • [参考価格] 1836円
  • [1mlあたり] 約 22.95円
BOTANIST ボタニカルヘアオイル(モイスト)解析チャート

BOTANIST ボタニカルヘアオイル(モイスト)の解説

モイストではあるが、バランスがよい

補修効果もあり


補修効果のあるメドウフォーム-δ-ラクトンを中心に、シリコーンオイルベースで分岐脂肪酸(C14-28)(羊毛)、脂肪酸(C14-28)(羊毛)によるキューティクル補強効果も。ヘアオイルとしては洗い流さないトリートメントに近いようなクオリティがあります。


油溶性コラーゲンの配合がモイスト感を醸し出していますが、全体的な質感としては実にバランスよいトリートメントのよう。モイスト感はもちろん、ハリコシを高めるような効果もあり、ツヤもよい。そして、安全性を残っていない点も重要です。


ボタニストのオイルはよい


ボタニカルな処方が必ずしも役に立つとは限りませんが、このボタニストヘアオイルに関してはおすすめと言っていいでしょう。髪を強化して保護してしっとりさせる、という総合的な役割を一本で果たせる点においては十分に使い物になるレベルです。



保湿効果。
イソステアロイル加水分解コラーゲン
キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。
アルニカ花エキス
オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。
オリーブ油
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。
シア脂
・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。
ツバキ種子油
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
ダイズ油
マカデミアナッツ油
オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。
アボカド油
ポリフェノールの一種γ-オリザノールやリノール酸リッチなコメの胚芽オイルです。アンチエイジング、美白効果やリッチな感触が特徴
。
コメ胚芽油
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。
メドウフォーム-δ-ラクトン

良いヘアオイルです。



むしろ洗い流さないトリートメントに近い

販売元による宣伝文

毛髪のダメージやヘアカラーの褪色の原因を考え、カラーダメージケアを追求したオイルです。ロングヘア・ダメージ毛・ストレートヘアの方へ。うるおいのあるおさまりのよい仕上がりです。
BOTANIST ボタニカルヘアオイル(モイスト)の解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。