リクイール バランシングシャンプー N の解析結果

総合順位

1192

総合得点 5点満点

1.95
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
265310
  • リクイール バランシングシャンプー N の詳細情報
  • カネボウ化粧品の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3065
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 2000円
  • [1mlあたり] 約 5円

リクイール バランシングシャンプー N 解析チャート

リクイール バランシングシャンプー N の解説

ラウレス硫酸Naベースにしては悪くない組み立て



一見、残念なシャンプーの1つに過ぎないのでは?と思わせる作りですが、

ラウレス硫酸Naとともに配合されている洗浄剤が悪くない。

例えば、酸性石鹸、両性界面活性剤のココアンホ酢酸Naは刺激を好ましく緩和するし、

ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンはカラー毛の褪色を抑えるような過度な洗浄性のブレーキになり得る。



ラウレス硫酸Naシャンプーとしては、そう思わせないほどデメリットが緩和されているタイプといえるでしょう。

添加剤も地味に好感を持てる素材がちらほら。

欲を言えば、そもそもラウレス硫酸Naを使う必要があったのか、と思えなくもないが、

使用感に関しては良いものといえます。

リクイール バランシングシャンプー N の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ラウレス-4カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

4ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

5DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

6ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

7ラウラミドMIPA

8香料

香りづけ。

9ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン

アミノ酸系の両性界面活性剤。カラーの褪色を抑制しながら洗うことができるのが特徴。メインの洗浄剤としてはあまり使われず、補助洗浄剤として投入されるケースがほとんど。

10クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

11EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13コロハヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

14BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

15ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー

はちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

18EDTA-3Na

19水酸化Na

20ホホバ葉エキス

21スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

22アボカドエキス

23安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

24フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

25サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

26黄5

販売元による宣伝文

やわらかく素早い泡立ちで 頭皮と髪をやさしく洗うなめらかな洗い上がり。明るくいきいきとしたナチュラルハーブの香り。ノンシリコーン処方。

リクイール バランシングシャンプー N の関連商品

リクイール バランシングシャンプー N を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。