IDケア アミノピュア トリートメントの解析結果

総合順位

1284

総合得点 5点満点

1.82
成分数エキス系特効ダメ
31000
  • IDケア アミノピュア トリートメントの詳細情報
  • メロスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 562
  • [容量] 240ml
  • [参考価格] 2520円
  • [1mlあたり] 約 10.5円

IDケア アミノピュア トリートメント解析チャート

IDケア アミノピュア トリートメントの解説

標準的なコンディショナー程度の効果。

悪くはないが、取り立てて秀でた効用はなく、、淡々と少し滑らかにする程度です。

持続性に乏しく、即効性もさほどない。

とりあえずアミノ酸補給トリートメント、と呼んだらちょうどいい製品だ。

アミノ酸各種を配合しているが、保湿性はやはり一線級の製品に比べればたいしたことはない。

一時的にウルっとする、という程度のコンディショナーである。

IDケア アミノピュア トリートメントの全成分

1

2セテアリルアルコール

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4オレス-1

5ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

6ステアリルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

7(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

8ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

9グルタミン酸Na

10アルギニン

11アスパラギン酸

12プロリン

13グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

14ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

15イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

16DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

17セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

18グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

19(C12-14)パレス-5

20香料

香りづけ。

21メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

22(C12-14)パレス-7

23(C12-14)パレス-12

24乳酸

25プロピルパラベン

26ヒドロキシエチルセルロース

27ポリアスパラギン酸Na

28酢酸

29酢酸Na

30黄4

31赤106

販売元による宣伝文

傷んだ髪にもたっぷりの潤いを閉じ込め輝くツヤを与えるサロン仕様トリートメントです。髪の健康に必要な5種のアミノ酸を配合。キューティクルをツヤツヤに保護し、スベリ感の良いツルツル仕上げにするアミノピュアポリマー配合。

IDケア アミノピュア トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。