BCクア カラースペシフィーク トリートメントaの解析結果

カイセキストア+で購入

総合順位

472

総合得点 5点満点

2.45
成分数エキス系特効ダメ
43110
  • BCクア カラースペシフィーク トリートメントaの詳細情報
  • シュワルツコフの関連商品
  • [JANコード] 4515208091225
  • [商品ID] 257
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3300円
  • [1mlあたり] 約 13.2円
BCクア カラースペシフィーク トリートメントa解析チャート

BCクア カラースペシフィーク トリートメントaの解説

カラー毛が喜ぶトリートメント

カラー後に最適なpHと補修力



弱酸性pH4.5のトリートメントです。

カラー後の髪を速やかに適正な状態に回復させるためのトリートメントですね。

カラー後に特に重要な要素というのが、この弱酸性と、ダメージのカバーです。

その点、こちらのカラースペシフィークトリートメントはしっかりと役割を果たしていますね。

より深いダメージも補修



髪への浸透力が高い素材が多い中で、とくにステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPDの存在が光ります。

両者ともに浸透性が特徴で、低分子タイプのタンパク質素材です。

ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)は髪内部の深いところにできたダメージホールを埋める役割を担い、これがカラー後のダメージを受けた髪の補修に役立ちます。

髪の外側を、大きな分子のケラチンが覆って髪全体の弾力を向上させるという算段ですね。

適切なpHも含め、カラー後の髪のことをとても良く考えていることがわかります。

カラー後でなくても、単にダメージケア用のトリートメントとしても優秀ですので、ダメージ毛の方はいつ使ってもメリットが多いですよ。

柔軟性を高める素材も多し



その他、アミノ酸や疑似セラミド、野菜油などのエモリエント素材の存在も多く、カラー後のごわつきが気になる髪を素早く回復させることが可能です。

仕上げにビスアミノPEG/PPG-41/3アミノエチルPG-プロピルジメチコンのコーティングですね。

均一性が高く、美しいコーティングを持続させる効果を持ちます。

独特な滑り感で密着性も高いので、カラー後の髪になめらかさと色褪せ防止効果も付与できるでしょう。

このように、カラー毛に対して特にメリットが多く、カラースペシフィークという商品名は嘘ではないといえる内容です。

弱酸性ということだけでなく、補修素材の質も高いものとなっているので、カラーをする予定、カラーを既にしている方は使ってみるに値する製品であるといえるでしょう。


浸透性
均一な密着コーティング
浸透性ケラチン
浸透性コラーゲン
弱酸性
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。
加水分解ケラチン(羊毛)
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。
ベタイン
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。
ステアラミドプロピルジメチルアミン
糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。
デシルグルコシド

適切なpH、補修力、コーティング持続性。

販売元による宣伝文

〇ヘアカラーの繰り返しで髪に弾力がなくなった〇色落ちが早い〇ヘアカラーの繰り返しで髪がゴワつく→ カラー頻度の高いハイダメージヘアを髪の内部から徹底的に補修し、しなやかで弾力のある髪に導きます。