ベレッサ モイストヘアー トリートメントの解析結果

ベレッサ モイストヘアー トリートメント
ベレッサ モイストヘアー トリートメント

総合順位

132

総合得点 5点満点

3.01
成分数エキス系特効ダメ
47131
  • ベレッサ モイストヘアー トリートメントの詳細情報
  • ワミレス化粧品の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6563
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 2916円
  • [1mlあたり] 約 14.58円

ベレッサ モイストヘアー トリートメント解析チャート

ベレッサ モイストヘアー トリートメントの解説

ちょっと本格派、微リスクも。

補修効果、持続性、ツヤ、保湿、など、トリートメントとしての能力には疑いがありません。

高いレベルの満足度が約束された製品でしょう。

そして、即効性もありますので、一般の方にも使いやすく、効果を実感しやすい作りといえます。



ただし、ラウレス硫酸、ラウリル硫酸ナトリウムが配合されているという点には微量といえども留意する必要が。

浸透性やスピード感を早めるための配合ですが、言うまでもなく塗布している時間に比例してリスクも上昇しますので、

肌の弱い人にはあまり長い時間放置しておくことはおすすめできません。

このようなプロ仕様系処方では、皮膚につけない、時間をしっかり管理するという前提である程度リスクをとって効果を高めようとしたりしがちなので、

欲張りすぎて長時間塗ったままにしたりするのはやめましょう。



ダメージ部にしっかり選択的に吸着するので、わりと髪になじませたらすぐにすすいでOKです。

それらのことを考慮はしなくてはなりませんが、効果はしっかりと、特にキューティクルの美しさをアップさせたい、復活させたい人には最適な製品といえます。

美容室が使うレベルのキューティクル補修性を持ちますが



効果が高い裏で少しリスキーな面も。

ベレッサ モイストヘアー トリートメントの全成分

1

2シクロペンタシロキサン

3セテアリルアルコール

4グリセリン

5脂肪酸(C10-30)(コレステロール/ラノステロール)エステルズ

6ベヘントリモニウムメトサルフェート

7ジメチコン

8セタノール

9アラキジルアルコール

10メチルグルセス-10

11ハチミツ

12アモジメチコン

13水添ポリイソブテン

14イソノナン酸エチルヘキシル

15イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート

16ポリクオタニウム-33

17マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル

18ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

19ポリグルタミン酸

20ベヘニルアルコール

21ヒドロキシプロピルキトサン

22ジメチコノール

23メトキシPEG/PPG-7/3アミノプロピルジメチコン

24アラキルグルコシド

25(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

26ラウリン酸ポリグリセリル-10

27加水分解ケラチン(羊毛)

28ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)

29ダイズステロール

30アミノプロピルジメチコン

31海塩

32海水

33サッカロミセス/ウメエキス発酵液

34BG

35ヘマチン

36PPG-6デシルテトラデセス-30

37水添レシチン

38尿素

39ラウレス硫酸Na

40ラウリル硫酸Na

41ジステアリルジモニウムクロリド

42シメチコン

43メチルイソチアゾリノン

44トコフェロール

45乳酸

46ステアルトリモニウムクロリド

47香料

販売元による宣伝文

髪の内部と表面の両方にはたらきかけ、毛先までなめらかに導くトリートメント。
CMCを 中心としたトリートメント成分を送り届け、内部線維の隙間や空洞に入りながらキューティ クルを補強します。
髪質や仕上がりの好みで選べる2タイプ。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。