モイストダイアン ボヌール ダメージリペア シャンプーの解析結果

総合順位

286

総合得点 5点満点

3.13

楽天でモイストダイアン ボヌール ダメージリペア シャンプーを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
485520
  • モイストダイアン ボヌール ダメージリペア シャンプーの詳細情報
  • ネイチャーラボの関連商品
  • [JANコード] 4560119224613
  • [商品ID] 6496
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1512円
  • [1mlあたり] 約 3.02円
洗浄力
2.7
素材 
2.9
安全性
5.9
コスパ 
4.3
環境 
3.3
補修力
0.9
潤滑性
2.4
頭皮改善 
2.9
ツヤ 
1.4
持続性
2.6
感触 
3.5
育毛
1.4
洗浄剤
3.7

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア シャンプーの解説

わりとオススメです。

市販品としては十分に合格と言えるクオリティ



様々なバランスが良く髪にも頭皮にも潤いをしっかりと残す。

やや強めな洗浄力ながら、低刺激、環境負荷低めで、割と上質な使用感となるでしょう

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naのしっかりとした洗浄力をベースに、

様々な植物油、植物エキスの配合でエモリエントな仕上がりを目指しています。

洗浄力を緩和するような成分も各種見られ、総合的には低刺激よりの構成といって良いでしょう。

市販品としてはまずまずバランスとクオリティーが両立していて、

特にこのようなオーガニック系のシャンプーとしてはお勧めできる商品の1つです。



髪のダメージをコントロールするほどの補修力はありませんが、

マイルドに洗って潤いを感じたいと言うケースであれば十分に対応可能でしょう。



悪くないですね。

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア シャンプーの全成分

1

2スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

構造としてはラウレス硫酸ナトリウムに近い特徴を持ちます。高洗浄性と泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

6アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ

7ババス油ポリグリセリル-6エステルズ

8オリーブ油PEG-7カルボン酸Na

9ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

10水添アルガニアスピノサ核油

11プラトニアインシグニス種子脂

12テオブロマグランジフロルム種子脂

・クパスオイル配合。抱水力はラノリン以上で、チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。

13クダモノトケイソウ種子油

沖縄産パッションフルーツの果皮から抽出したエキス。ルテオリン配糖体など様々なポリフェノール類を含有し、抗酸化作用やエンドセリン-1の合成抑制作用を付与。

14コメヌカ油

15アサイヤシ果実油

16プルーン種子エキス

アーモンドやマジパンのような香りが特徴のオイル。オレイン酸を中心にリノール酸も含有し、皮膚細胞の賦活作用や高い保湿効果をもたらし、肌の乾燥に有効な成分といえます。

17カリオカルブラジリエンセ果実油

18オオミテングヤシ果実油

19ペンタクレスラマクロロバ種子油

20クランベアビシニカ種子油

21オリーブ果実油

22アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

23リンゴ果実培養細胞エキス

・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。

24アルガニアスピノサ芽細胞エキス

モロッコの希少植物アルガンツリーの新芽から得られる幹細胞エキスです。 真皮幹細胞を賦活し、肌の最深部からアンチエイジングを促します。

25ブドウ果実細胞エキス

ぶどう幹細胞から得たエキスで、肌細胞賦活作用を付与します。美白効果も。

26ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

27加水分解エンドウタンパク

28ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

29PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油

ピログルタミン酸イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油です。可溶化性能が高いアミノ酸系界面活性剤。

30イソマルト

砂糖の代替品として知られる二糖アルコール。優れた吸湿性を持つ保湿剤として。

31ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

32塩化Na

33PEG-2コカミン

種々の陰イオン界面活性剤ベースに増粘、泡質改善効果を付与。特に増粘が困難であったアミノ酸型界面活性剤に対して、非常に優れた増粘性を示します。

34キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

35ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

36ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

37ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

38ポリソルベート20

モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン。食品添加物に用いられるような乳化剤であるが、やや古い材料で昨今のより機能的な乳化剤と比べるとチョイスが古めかしい感が否めない。

39レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

40グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

41クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

42水酸化Na

43トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

44グルコン酸Na

45安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

46DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

47フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

48香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●オーガニック成分を含め98%以上(水を含む)天然由来成分のクラフトシャンプーです。
●ダメージリペアは髪を深部から補修し、うねりにくい、美しくナチュラルにまとまる髪へ導きます。
●グラースローズの香りです。
●乾燥によるパサつき、パーマ・カラーによるケミカルダメージ・うねりに悩む方へ
●高品質なフェアトレードオイルを採用
●クチュールメゾンによる数々の名香が生まれた香りの聖地・グラースの老舗香料メーカーと共同開発し、トップクラスの調香師の手によって現地で生産された香りです。
●オーガニック認証を受けた3つの植物系洗浄成分配合
●石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、シリコン、合成着色料、動物性原料無添加
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。