BOTANIST(ボタニスト) シャンプー チャコールクレンズの解析結果

BOTANIST(ボタニスト)  シャンプー チャコールクレンズ

総合順位

312

総合得点 5点満点

3.2
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
334800
  • BOTANIST(ボタニスト) シャンプー チャコールクレンズの詳細情報
  • I-ne(アイエヌイー)の関連商品
  • [JANコード] 4562465440525
  • [商品ID] 7528
  • [容量] 490ml
  • [参考価格] 1540円
  • [1mlあたり] 約 3.14円
BOTANIST(ボタニスト) シャンプー チャコールクレンズ解析チャート

BOTANIST(ボタニスト) シャンプー チャコールクレンズの解説

清涼系シンプル洗浄シャンプー

ラウロイルアスパラギン酸Naベースのシャンプーを1500円程度で買えるとは、ちょっと隔世の感がある感じです。

それはさておき、アミノ酸系の中でもマイルド感や泡立ちの良さを予感させるシャンプーとなっていますね。

ラウラミドプロピルベタインという相棒を据えている点でも、泡質の良さ、泡立ちの良さを感じさせます。

そして、ボタニスト系では珍しい炭配合による真っ黒な見た目。

マイルド寄りな洗浄性に炭の汚れ吸着力をプラスして、すっきり感を高めています。

すっきり感という意味ではメントールの配合も清涼感をもたらし、低刺激なわりにさっぱりした仕上がりが特徴となるでしょう。

ザクロ精炭酸シャンプーに似ている

ここまで見て感じたのは、あの5つ星の元祖ともいえるザクロ精炭酸シャンプーに類似した作りであるな、ということ。

洗浄力はボタニストのほうが弱い感じですが、炭やメントールのすっきり感は似ていますし、安全性の高さ具合はむしろボタニストのほうが上かもしれません。

ザクロシャンプーはよりコンディショニング効果も高く、抗酸化作用のようなスキンケア機能も充実していましたが、そのあたりの要素はボタニストでは薄く、わりと洗うことをシンプルにするというタイプのシャンプーです。

シンプルなシャンプーである分、肌への負担が軽くなっていると捉えていいでしょう。

お肌に対するメリットもわりとあり、悪くないシャンプーだと思いますね。

一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸TEA
・清涼作用のセイヨウハッカエキス配合。
セイヨウハッカ葉エキス
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉エキス
グレープフルーツ果実エキス
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
レモン果実エキス
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
インド中部センダン科のニーム葉から得たエキス。高い保湿力、美白、メラニン抑制、抗炎症予防、肌荒れ抑制作用、抗菌作用を付与。アーユルヴェーダの薬として、ニームの葉、実、樹皮が治療薬として重宝されている。
メリアアザジラクタ葉エキス
チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。
チャ葉エキス
水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。
水酸化K
アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。
ラウロイルアスパラギン酸Na
糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。
デシルグルコシド
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉水

清涼感のあるマイルド洗浄シャンプー。

販売元による宣伝文

2種類のチャコール(炭)の粒が髪と地肌の毛穴の中の落としきれていなかった汚れを吸着。
すっきりとした地肌に導きます。

■大きさが違う2種類の炭※1を配合。汚れを吸着し、しっかりと落とします。
※1 吸着成分
■こだわりの植物由来成分配合
セイヨウハッカ葉エキス、チャ葉エキス、レモン果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、クロフサスグリ果実エキス(すべて保湿成分)
■頭皮に潤いと健やかさを与える。 ローズマリー葉水、ローズマリー葉エキス、メリアアザジラクタ葉エキス配合(すべて保湿成分)
■メントール配合で、洗い上がりすっきり
■合成着色料・シリコンフリー
※ご使用中、クール感を感じます。メントールの冷感刺激に弱い方はご使用をお控えください。