レヴール ゼロ リペア カチオンフリートリートメント

総合順位

130

総合得点 5点満点

3.05
成分数エキス系特効ダメ
42310
  • レヴール ゼロ リペア カチオンフリートリートメントの詳細情報
  • レヴール / Reveurの関連商品
  • [JANコード] 4560249794956
  • [商品ID] 6692
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 972円
  • [1mlあたり] 約 2.43円
レヴール ゼロ リペア カチオンフリートリートメント解析チャート

レヴール ゼロ リペア カチオンフリートリートメントの解説

カチオンフリーがメリットになり得るのか

カチオン(陽イオン)界面活性剤フリー、という珍しい謳い文句のトリートメント。

確かに、安全性という面で見ればカチオン界面活性剤がない=安心感につながるのはわかります。

ただし、

カチオン界面活性剤の役割は重要だから、ほとんどのトリートメントのベースとして使われているのです。



その仕事は、髪の傷んだ部分=親水性になっている部分に選択的に吸着して疎水化するということ。

疎水化することによって、シリコンをはじめ補修成分が乗っかりやすく、定着しやすい土台を作っているのです。



もし、この作用がなければ、髪の健康な部分ばかりに補修成分が定着して、質感を悪くしていくことでしょう。

実に、歪な補修効果になってしまうんですね。



このため、カチオン界面活性剤がない=ダメージ部分に優先的にトリートメント効果を乗せられないという自体がまず考えられます。



ただし、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClというアミノ酸系両性界面活性剤が、わずかに陽イオン界面活性剤のような働きをしてダメージ部にのっかる可能性はありますが。



さて、そんなトリートメントですが、ベースのセタノール、イソペンチルジオールといったあたりもそれほど安全というわけでもなければ、全体を通して有効性がめちゃくちゃ期待されるというほどでもありません。



頭皮にはメリットがありそうなエキス類も、この製品は積極的に頭皮に塗りたいと思わせない成分がベースになっていますから、

要するに、普通にカチオン界面活性剤入れればよかったのではないか。


トリートメントにカチオン界面活性剤がある意味



それは、ダメージ部を集中して補修する土台を作るということ

販売元による宣伝文

髪にうるおいを与え、痛んだ髪を補修する厳選された成分を配合。
ダメージを補修しながら、弾むようなしなやかで美しい髪へと導きます。
●カチオン界面活性剤フリー●アミノ酸

レヴール ゼロ リペア カチオンフリートリートメントの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。