広告

総合点

2.88

総合ランク

558個中 198

成分数

41

植物エキスの数

3

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
バリアリペア ナノショットジェル解析チャート
販売元による宣伝文
●これ1本で保湿&角質ケア。毎朝メイクのりの良い肌に導くオールインワンジェル。

関連商品
バリアリペア ナノショットジェル解析チャート
広告

バリアリペア ナノショットジェルの解説

コスパよしの美容ジェル。

とても抱水性の高い膜を形成、肌を守る美容液。

肌に擬似的な保護膜を作り、たっぷりと潤いを定着させる内容です。

疑似セラミドやポリオキシエチレンフィトスタノール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマーといった成分が主に働く形となるでしょう。

脇役の植物エキスのチョイスも悪くありませんね。

増粘成分と疑似セラミド

ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)という通称エルデュウと呼ばれる成分は、セラミドを擬似的に再現した成分。

セラミドといえば、肌バリアの主成分ですから、スキンバリア機能の主役はこの成分が担うことになるでしょう。

さらに、豊富な増粘系の成分は(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルなどがひしめき、たっぷりとコクのあるリッチな質感を表現しています。

このことからも、ツヤや保水性の高さがメインとなっている製品といえるでしょう。

使用感リッチで密着性の高さも期待できそうですね。

植物エキスのチョイス

ビルベリー、シャクヤクなどの抗酸化・抗糖化系・アンチエイジング系の有力な素材を配合しています。

さらに、マンダリンオレンジのくすみ除去効果、米胚芽油の同じくホワイトニング効果も付加。

透明感のある肌を目指す方にはうれしいチョイスといえるでしょうね。

この中では、シャクヤク根エキスが特に優秀で、抗アレルギー作用、収れん作用、免疫増強作用など、肌トラブルをあらゆる角度からシャットアウトするような効果が秘められていると言われているので、期待値が大。

コスパよし?狙いが明確で試す価値はあり

市販でそこそこ値段が安い美容液のわりに、内容的には悪くないですね。

もちろん、一線級の美容液に比べると効果は浅いような感じも否めないのでありますが、美容液の入門編くらいの見方であれば十分にクオリティは及第点。

特に抱水性の高い持続する効果が期待できるので、単純に乾燥肌には一定のメリットが見込めそうです。

植物エキスのチョイスもわりと市販では良いものですね。