解析結果

アリミノ ミント マスク マイルドリフレッシュ

広告を含みます。

総合点

2.1

総合ランク

2540個中 959

成分数

38

植物エキスの数

6

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

1

注意が必要な素材

0
アリミノ ミント マスク マイルドリフレッシュ解析チャート
販売元による宣伝文
クール感:★★☆☆☆
・ふわりと漂う レモン&ホワイトティーの香り
・シャンプー後、水気をとり、適量を頭皮と髪になじませ、2〜5分間放置します。その後、よく髪に揉み込み洗い流します。
・毛穴に詰まった皮脂をしっかり取り除き、頭皮をすっきりリフレッシュします。
・夏のドライヤー時間を短縮できる速乾性マスク
・頭皮の不快なニオイを抑えます。
・日差しなどの外部刺激によるダメージから頭皮と髪を守り、潤いを与えます。
・心地よい清涼感が続きます。
・髪はさらさらとした指通り。
関連商品
アリミノ ミント マスク マイルドリフレッシュ解析チャート
広告を含みます。

アリミノ ミント マスク マイルドリフレッシュの解説

例えるなら、副作用のほうが目立っちゃう薬のようなもの?

目的は頭皮への清涼感の提供という面も多分にある?

アリミノミントのヘアマスクです。名称から特徴は容易に予想できると思いますが、清涼感がメインのトリートメント剤ということですね。

そして、カチオン界面活性剤が控えめな配合量ということから、頭皮にも良い影響を与えようという意図があるのではないかと推察します。

このヘアマスクには4つのカチオン界面活性剤が含まれていますが、配合量はあまり多くありません。代わりに、イライトやオクテニルコハク酸デンプンAlのような洗い流さないシャンプーに出てくるような成分がベースに配合されていたりと、一般的なそれとは随分違う構成なのがわかります。

これは明らかに、頭皮にも塗ってメリットを体感してほしい、という作り手のメッセージが込められているように感じますね。

ただしかし、頭皮には塗ってはいけない

その他にも、ショウガ根エキス、サトウキビエキス、ハトムギエキス、オウゴンエキスのように、育毛トニックさながらの薬効を期待するような成分も多く配合されていますので、これはもう頭皮マスクと言っても過言ではない様子。

しかし、いくらカチオン界面活性剤が少なめとはいえ、頭皮に直接塗ることまではオススメできません。

理由は、例えば4級カチオン界面活性剤であるステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、セトリモニウムメトサルフェートあたりは低濃度でも脱毛効果を発揮する可能性があり、かつ持続性のあるタイプでもあるのでリスクがないとは到底言えません。

0.1%でも脱毛効果を示すのが4級カチオン界面活性剤ですので、見た目配合量が多くなさそうというのは安全を保証するものではありません。

なので、得られるメリットに対してリスクが許容範囲を超えていると見ることができるのです。

ちなみに、クオタニウム-91もベヘナミドプロピルジメチルアミンもカチオン界面活性剤です。なので、実際にはカチオン界面活性剤の総量は決して低くないと言っても嘘ではないでしょう。

まとめ

例えばこれが薬なら、やたらと副作用の方が強いというタイプです。

得られるメリットは育毛効果や清涼作用、保湿効果などがあるものの、副作用が脱毛ではどう考えても使い物にならないと考えるのが普通。

であるならば、たとえデメリットが言うほど大きくなかったとしても、同じメリットを得たいならもっと安心できる製品を選ぶほうが個人的には賢明なのかなと考えます。