アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュの解析結果

販売開始から 0年2ヵ月8日
アリミノ アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
総合点1.91
2610個中1460位
品質0.7 %
成分数31
1mlあたり3.4円 %
安全性3.1 %
エキス類6
詳細情報
  • アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュの詳細情報
  • [発売日]20220421
  • [JANコード] 4901275032986
  • [ランキング] 1460位 2610個中/
  • [ポイント(5点中)] 1.91点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 550ml
  • [参考価格] 1881円
  • [1mlあたり] 約 3.42円
  • [商品ID] 8039
  • [ASIN] B09YGBB3GS
  • [商品サイズ] 22.5x10.3x7.3
  • [商品重量] 660g
  • [成分数]31
  • [洗浄剤数]5
  • [エキス類]6
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]0
販売元による宣伝文
とことんクール感を求めるスッキリ重視の方へ すっきりとした冷涼感で、皮脂や汚れをしっかりと洗い流します。 グレープフルーツ&プルメリアの香り

関連商品
アリミノ アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュ解析チャート

アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュの解説

これは割と評価の分かれるタイプのシャンプーです。

基本情報としては、ひんやり系クールシャンプーでベースはラウレス硫酸Na。名実ともにすっきりする仕上がり。そしてコスト安。冷シャンプー系の中でもくっきりとしたクール感ということになるでしょう。

洗浄剤のクオリティは?

さて、このシャンプーで一番気になる部分がラウレス硫酸Naが洗浄剤であること。これでは、洗浄力が強すぎて肌や髪に良くないのではないか、と思われますよね。もちろん、否定はしません。このシャンプーがわりと安い値段であることの大きな理由が、このチープな洗浄剤にあるといってもいいでしょう。

ただ、ラウレス硫酸Naに加えて別の要素のミックスされている点に注目です。

アミノ酸系洗浄剤と、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、非イオン界面活性剤が添加されているのですが、この添加成分が一味違っているのです。

どういう違いを生んでいるかというと、刺激を抑制し、きめ細かい泡立ちに仕立て、補修効果も加えて、粘度も向上させているという具合。

要するに、アミノ酸系シャンプーっぽいタッチにしている、とざっくり言うとそういうことです。実際に、仕上がり感もラウレス硫酸Na単体の印象とは随分違うでしょう。無駄に洗浄力が強いだけ、というわけではなく、ラウレス硫酸Naの弱点をうまくカバーしているといえる構成になっているという印象。

クール感の素

このシャンプーの強いクール感の秘密は、メントールはもちろんセイヨウハッカ葉エキスの配合量の多さにあります。そして、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールがこれらの清涼感を持続させる役割を担っているため、涼しい体感がお風呂上がり後もしばらく継続。一時的ではないということですね。この点、性能は少しばかり高いという見方ができると思います。

植物エキスの質が高い

強い清涼感に隠れがちですが、植物エキスのクオリティも実は非常に高いです。

これ、植物エキスだけで立派な美容液や化粧水が作れてしまうのでは、と思うほど出来がいいですね。ショウガ根エキス、サトウキビ、ハトムギ、明日葉など、美肌や育毛などに有効な成分が素晴らしく存在感を見せています。このことから、シャンプーとしても頭皮に良い影響を与えるものとして評価できるでしょう。

まとめ

洗浄剤の部分でやや疑問符がつくところがいきなりありましたが、全体を通してみると出来は良く、使用感や頭皮への影響については比較的良いシャンプーであると言ってしまって良いかと思います。ラウレス硫酸Naの悪影響をうまく抑制していますし、このことでシャンプーの値段自体も抑えることに成功しているように見えます。

理想的には、良い洗浄剤が拒否されていることが理想ですが、この値段で買えるシャンプーの中では決して悪くない選択肢であると言っているいいでしょう。

とくに、クール系のシャンプーの中でどれを選べば良いのか迷っている方には、試してみるべき商品の一つに加えても良いのではないかと思います。

アリミノ アリミノ ミント シャンプー フローズンリフレッシュをAmazonアマゾンで購入
一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
・清涼作用のセイヨウハッカエキス配合。
セイヨウハッカ葉エキス
ショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
ショウガ根茎エキス
両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。
ラウロイルメチルアラニンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。
オウゴン根エキス
ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。
ハトムギ種子エキス
化粧品用の緑茶乾留エキスです。高い消臭効果や抗菌作用が特徴です。
チャ乾留液
とても洗浄力が低めで、しっとりした仕上がりの洗浄剤。泡立ちはあまりよくないが、そこそこにある。泡持ちはさほどよくない。生分解性は優れる。
ラウロイルグルタミン酸TEA
セリ科の明日葉のエキスです。ビタミンAやフラボノイドなどを含有し、セラミド産生促進作用や白髪抑制作用、血行促進作用を付与します。
アシタバ葉/茎エキス