KAIZENシャンプーの解析結果

ランク:97位 ポイント:3.81 1mlあたり:6.05円
  • KAIZENシャンプーの詳細情報
  • ISL(髪質改善研究所)の関連商品はこちら
  • [JANコード] 4992440036939
  • [ランキング] 97位
  • [ポイント(5点中)] 3.81点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 2420円
  • [1mlあたり] 約 6.05円
  • [商品ID] 7862
  • [成分数]45
  • [洗浄剤数]4
  • [エキス類]7
  • [特に優れた成分]2
  • [要注意成分]0
KAIZENシャンプー解析チャート

KAIZENシャンプーの解説

やや人を選ぶが、良いシャンプーに変わりなし

モノはいいのに、良さが伝わりにくいタイプのシャンプー。

使用感がどう感じられるかがポイント?

洗浄剤や添加成分を含め、レベルの高さをそこはかとなく感じさせるシャンプーです。

作り手が良いものを世に送り出そうという意志をきちんと持っていることが伝わってきます。

ただ、何も知らない消費者が使った場合に、その思いが全て伝わるかどうかは別問題。

質の良さは実感しにくいが確かに存在する

このシャンプーの良さはまず洗浄剤から始まります。

酸性石鹸と呼ばれるラウレス4カルボン酸ナトリウムとスルホコハク酸ラウレス二ナトリウムがベース。

さっぱりした感触で肌に低刺激、環境にもやさしく、まさに良いことずくめのように感じられる構成です。

ただし、唯一弱点と言えるのが泡立ちが少し弱いこと。

これは他の成分で補うこともできますが、このシャンプー全体を通して泡立ちの部分はあまり考慮していないように感じられます。

一部のアミノ酸系シャンプーに比べればマシですが、コンディショニング効果などを重視しすぎて、泡がつぶれてしまうタイプに思います。

泡立ちの面があまり気にならない方であれば問題ないですが。

一方、髪のコンディショニング作用に関してはレベルが高いと言える内容です。

3Dヒアルロン酸、18−MEAをはじめ、クオタニウム−33,水溶性ケラチンなど、主にキューティクルのツヤ改善に強い成分が目立ち、仕上がりにそれなりの違いを見せてくれることでしょう。

植物エキスのチョイスも凝っていて、洗浄剤の優しさも合わせてスキンコンディショニング作用もそれなりに高レベルであると考えられます。

プリンセスケアと呼ばれるヒメフウロエキスの皮膚弾力改善効果、有効成分シナロピクリン含有のアーチチョークエキスの遺伝子レベルの毛穴トラブルケア、ソメイヨシノエキスの抗炎症作用、通称ニームと呼ばれるメリアアザジラクタ葉エキスの抗炎症作用など、質の違いは一目瞭然であると言えるでしょう。

好まれるかはバランス次第?

ただ繰り返しになりますが、前述したようにシャンプーとしての性能の良さがいまいち伝わりにくいタイプの横になっているので、そのもやっとした使用感が好まれない可能性も存分にあるでしょう。

単純にすっきりと洗い上げたい、、うーんと考えている方には少し扱いづらいように思われ、逆にヘアケアやスキンコンディショニング作用を重視する方には快適に感じられる可能性も。

このように、やや人を選ぶタイプのシャンプーではありますが、全体的な性能としては悪くないというより結構いい部類に入る製品であると思われます。

素材の質を考えればコストパフォーマンスもよく、添加剤のバランスなどにより泡立ちも特に問題ないレベルであれば快適に使える可能性もあるでしょう。

特に、調子を整えたいような方におすすめしたいシャンプーであるかなと思います。

良いシャンプーだが、泡立ちが課題かも

ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。
アロエベラ葉エキス
有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。
アーチチョーク葉エキス
保湿、コラーゲン保護、抗炎症、抗シワ、皮膚弾力改善作用などを与えるプリンセスケアと呼ばれるエキス。
ヒメフウロエキス
メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。
ソメイヨシノ葉エキス
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。
スルホコハク酸ラウレス2Na
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。
オウゴン根エキス
インド中部センダン科のニーム葉から得たエキス。高い保湿力、美白、メラニン抑制、抗炎症予防、肌荒れ抑制作用、抗菌作用を付与。アーユルヴェーダの薬として、ニームの葉、実、樹皮が治療薬として重宝されている。
メリアアザジラクタ葉エキス
加水分解ヒアルロン酸
レモングラス葉/茎エキス
酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。
ラウレス-4カルボン酸Na

販売元による宣伝文

●髪を洗いながらダメージ補修するシャンプーです。
●カラーリングやドライヤー、ヘアアイロンなどで髪の深部にまで広がったダメージをいたわるリペア成分が隅々まで溶け込みます。
●髪内部をみっちり満たして傷んだキューティクルを補い、うるおいを抱え込んで逃がしません。
●重さを感じない、ツヤサラのまとまり髪に。