バーツビーズ コンディショナー グレープフルーツ&シュガービートの解析結果

総合順位

1421

総合得点 5点満点

1.75
成分数エキス系特効ダメ
22200
  • バーツビーズ コンディショナー グレープフルーツ&シュガービートの詳細情報
  • 大山の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 322
  • [容量] 350ml
  • [参考価格] 1680円
  • [1mlあたり] 約 4.8円

バーツビーズ コンディショナー グレープフルーツ&シュガービート解析チャート

バーツビーズ コンディショナー グレープフルーツ&シュガービートの解説

刺激性の少ないリンスで、主に天然材料を用いた造りが特徴のようです。

ベースはセテアリルアルコール、グリセリン、ベタインとベタなリンスのようですが、

カチオン界面活性剤にセトリモニウムブロミドを持ってきて刺激性を低下させています。

グレープフルーツ油、オレンジ油、ビターオレンジ油など、血行促進、リラックス効果、保湿作用を期待できます。

スクレロカリアビレア種子油、グルコース、ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー(カチオン化ハチミツ),配合で、

狙いは保湿系の付加。





マイルドさという面では全体的にとても考えられていると思います。

肌への低刺激処方を第一に造られた製品と言えるでしょう。

リンス、トリートメントとしては、気持ち程度の効能のみで限定的。

並のリンスよりもほのかな作用であることは否めません。

より低刺激性のもので、リラックス効果を主にを求める場合に有効と見ます。

バーツビーズ コンディショナー グレープフルーツ&シュガービートの全成分

1

2セテアリルアルコール

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

5セトリモニウムブロミド

6ポリステアリン酸スクロース

7ステアリン酸スクロース

8香料

香りづけ。

9グレープフルーツ種子油

10オレンジ果皮油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

11オオベニミカン果皮油

12レモン果実油

13ビターオレンジ葉/枝油

プチグレン油とも呼ばれます。ミカン科ビターオレンジの葉枝から得たエキス。温和な抗菌作用や芳香が特徴です。

14ビート根エキス

復活草と呼ばれる植物より抽出したエキスで、皮膚の再生、保護、抗シワ作用を付与。

15スクレロカリアビレア種子油

・スクレロカリアビレア種子油はアフリカ南部、南西部に自生するマルーラの木の実から得たオイルで、優れた保湿効果を与えます。

16グルコース

17ポリソルベート60

18ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー

はちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。

19フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

20塩化Na

21ラクトペルオキシダーゼ

22グルコースオキシダーゼ

販売元による宣伝文

シトラスオイルの爽やかな香りの、つややかで健やかな髪へ導くコンディショナーです。保湿成分:ハニー由来成分、コンディショニング成分:グレープフルーツオイル、オレンジオイル、レモンオイルを配合し、健やかな髪と頭皮に導きながら、なめらかな髪に仕上げます。

バーツビーズ コンディショナー グレープフルーツ&シュガービートを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。