バーツビーズ コンディショナー ラズベリー&ブラジルナッツの解析結果

総合順位

597

総合得点 5点満点

2.16
成分数エキス系特効ダメ
27100
  • バーツビーズ コンディショナー ラズベリー&ブラジルナッツの詳細情報
  • 大山の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 319
  • [容量] 350ml
  • [参考価格] 1680円
  • [1mlあたり] 約 4.8円
素材 
2.4
安全性
4.5
コスパ 
1.8
環境 
4
補修力
2.7
潤滑性
1.9
頭皮改善 
2.3
ツヤ 
2
持続性
2.5
感触 
3.1

バーツビーズ コンディショナー ラズベリー&ブラジルナッツの解説

髪にコシを与えるためのコンディショナー。

ココイル加水分解ダイズタンパクNaや加水分解野菜タンパクのように、髪に弾力を与える素材が並ぶ。

しかし、十分とはいえない。

トリートメントとしての能力はお世辞にも高いとはいえず、むしろ半ば洗浄剤のような素材ばかり。

髪に十分に効率的な効能を示せるはずもなく、値段の割に手応えのない仕上がりに。

逆に言えば、カチオン界面活性剤がないので頭皮に優しいという特徴はあります。

マイルドだが、効果も控えめ。但し、多少のコシは出る。という製品です。

バーツビーズ コンディショナー ラズベリー&ブラジルナッツの全成分

1

2デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

3ラウリルグルコシド

4ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ラウリン酸スクロース

7ヤシ油

液状の油とワックスの中間の融点を持つ、ラウリン酸主体のオイルです。伸びがよく、皮膚の生理機能を阻害しない、酸化安定性の高いトリグリセリドです。

8アルキルグルコシド

9オレイン酸グリセリル

10ココベタイン

11香料

香りづけ。

12オレンジ果皮油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

13キイチゴエキス

14ベルガモット果実油

15アオモジ果実油

16ココイル加水分解ダイズタンパクNa

大豆蛋白由来の高価で優れた洗浄成分。保湿性と弾力性を与えながらソフトに洗浄。

17加水分解野菜タンパク

18クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

20グルコース

21塩化Na

22加水分解コムギタンパク

23ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー

はちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。

24フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

25ブラジルナッツ油

26ラクトペルオキシダーゼ

27グルコースオキシダーゼ

販売元による宣伝文

輝くつやとうるおいを与えるラズベリーエキス配合のヘアコンディショナーです。保湿成分:ラズベリーエキス、ブラジルナッツオイル、ハニー由来成分が乾燥からくるパサつきが気になる髪をしなやかにうるおう髪に仕上げます。

バーツビーズ コンディショナー ラズベリー&ブラジルナッツを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。