解析結果

リフトトリートメント

広告を含みます。

総合点

2.04

総合ランク

2540個中 1105

成分数

44

植物エキスの数

7

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
リフトトリートメント解析チャート
販売元による宣伝文
高い保湿力を誇るシアバターを含む、全31種の美容成分を配合。乾燥から頭皮を守り、ハリ・コシのある艶やかな髪へと導きます。気分をリラックスさせる、フローラルジャスミンの香りです。
関連商品
    リフトトリートメントの関連商品
リフトトリートメント解析チャート
広告を含みます。

リフトトリートメントの解説

玄人好みな人工皮膚素材コーティングのトリートメント

美容師さんにはおなじみ、玉理化学株式会社発のトリートメントです。

プロ向けメーカーならではのレベルの違う処方がシャンプー・トリートメントともに見られますね。

値段もプロ向けといった設定になっていますが、注目は中身です。

潤いで補修するトリートメント

リフトトリートメントの特徴は、保湿で補修**という感じです。どういうことかと言えば、セラミドで補修してキトサンでコーティング、という形ですね。

色々と成分が配合されているのですが、中心はこれです。

セラミドNP、セラミドNS、セラミドEOS、セラミドAP、セラミドEOPと勢揃いのセラミド勢で髪を内外から補修。そこに人工皮膚素材としても知られるキトサン誘導体がコーティングして仕上げるトリートメントです。

しっかりと保湿・バリア効果を形成できるのが特徴で、ナチュラルな、バージン毛のような仕上がりを期待できそうです。

脇役も錚々そうそうたる顔ぶれ

その他の脇役ともいえる素材も、ちょっとレベルが違うのがリフトトリートメントです。

セラミドと似たような成分ですがカプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン配合。さらにコラーゲン、シルク、エラスチンなどのPPT、甘草、ダイコン、ゴボウ、チャ、トウガラシ、ナスなどの植物エキス、アミノ酸系両性界面活性剤、スクワランといった面々が添加されています。

シアバター、ベヘン酸などがコクを出すようにしっとり感を付与しているのもわかりますね。

この構成からわかることは、保湿効果、潤滑性、ツヤ出しがもっとも得意ということ、キトサン誘導体によるハリ・コシ向上効果も期待できるということで、バランスのよい、しっかりした補修効果を体感する仕上がりが期待できるでしょう。

リフトシャンプーの方に含まれるヘマチンなどもあわせて、トータル的にリペア効果をもたらし、それこそ"リフト"されるような感覚を髪にもたらすこと、さらに頭皮にも良い影響を与えてハリ・コシを高める効果を狙えそうです。

高額、しかし玄人好みなトリートメント

お世辞にもコスパが良い製品、とは言えませんが、まさに本物志向、玄人向けのシャンプー、トリートメントだと思います。

品質重視、新しいヘアケア体験をしてみたい、といった方にぜひとも試してほしいブランドですね。

玉理化学というメーカーの品質の高さを知るにはもってこいの商品ではないかと思います。