エバメール トリートメントの解析結果

総合順位

502

総合得点 5点満点

2.28
成分数エキス系特効ダメ
27900
  • エバメール トリートメントの詳細情報
  • エバメール の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 406
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 3675円
  • [1mlあたり] 約 7.35円

エバメール トリートメント解析チャート

エバメール トリートメントの解説

とてもマイルド。効果も控えめ。

それと、キチン、シルクによるさらさら効果。この2つが柱となって製品を構成しています。

その他保湿剤としてオリーブ油、ダイズ。頭皮環境改善系エキスが諸々配合されています。

全体としては、比較的頭皮に向けて造られた印象の強い一品で、

おそらく髪と一緒に頭皮にも塗布するように設計されているように見えます。

頭皮に塗ったとしても刺激性は最小限に抑えるように工夫されていますね。

問題は、刺激はないが効き目は?

そうなると、特に頭皮に劇的な改善効果は考えにくいところ。

抗炎症、保湿、抗菌、血行促進作用のエキスが配合されてはいますが、

頭皮に塗ったからといってメリットが多い造りとは思えません。

髪にも、ほんのり指通りがよくはなりますが、即効性はなく、かなり粘り強く放置時間をおかないと効果が伝わりにくい感があります。

値段を考えても、この程度のものに払う金額としては割高。

エバメール トリートメントの全成分

1

2ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

3パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

4ステアリン酸グリセリル

5ジメチルステアラミン

3級カチオン界面活性剤です。四級カチオン界面活性剤と比較して肌にソフトで、環境分解性もよいマイルドなコンディショニング効果を付与します。静電気を除去したり、指通りを改善する効果は少し劣りますが、肌へのデメリットを大幅に軽減できるメリットがあります。

6オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

7乳酸

8アジピン酸ジイソブチル

9DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

10水添パーム油

低融点天然ワックス、ワセリンの代替、こしがあり、さっぱりした感触のオイル。

11水添ダイズ油

12オレイルアルコール

13オレフィンオリゴマー

14PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

15カルボキシメチルキチン

16加水分解シルク

17ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

18オドリコソウエキス

・オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。

19ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

20セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

21アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

22オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

23ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

24ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

25セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

髪と同じ成分のアミノたんぱく白によって保湿性に優れ、強い吸着力と造膜力で傷んだ髪を保護し、ダメージの進行を防ぐトリートメント インバスタイプです。弾力感を引き出し、艶やかな髪に導きます。毛先までしっとりまとめます。

エバメール トリートメントの関連商品

エバメール トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。