スガミ(SUGAMI)スキンケア発想ヘアケア クレンジング シャンプーの解析結果

スガミ(SUGAMI)スキンケア発想ヘアケア クレンジング シャンプー

総合順位

191

総合得点 5点満点

3.5
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
315220
  • スガミ(SUGAMI)スキンケア発想ヘアケア クレンジング シャンプーの詳細情報
  • ユニリーバ・ジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4902111764313
  • [商品ID] 7604
  • [容量] 440ml
  • [参考価格] 1980円
  • [1mlあたり] 約 4.5円
スガミ(SUGAMI)スキンケア発想ヘアケア クレンジング シャンプー解析チャート

スガミ(SUGAMI)スキンケア発想ヘアケア クレンジング シャンプーの解説

美容液系シャンプー

洗浄剤の質良し

数々の美容成分を 配合する エイジングケア系シャンプーです。

メインとなる美容効果を邪魔しないように、 洗浄剤のクオリティも 求められるタイプとなりますが アミノ酸系と酸性石鹸による 低刺激& 適度な洗浄力のベースで スキンケア系シャンプーとしては申し分ない 内容となっています。

ココイルメチルタウリンナトリウムは ベビーシャンプーのペースでも使われるくらい低刺激で、 肌に優しいわりに泡立ちが良く、さっぱりした洗浄性が特徴

そこに酸性石鹸と言われるラウレス4カルボン酸ナトリウムを加えることで、 さらに低刺激性や さっぱり感を プラスした形になっています。

洗い心地は非常に快適で、 さっぱりサラサラ系の 仕上がりが とても心地よいものとなるでしょう。

エイジングケア素材豊富

このシャンプーのもう一つの特徴としては、 エイジングケア成分が非常に豊富に含まれているところ。

パルミトイルトリペプチド-5や 酢酸ファルネシル、 トリ酢酸パンテニル、 ファノレネソール、 グルコシルセラミドといったあたりが 皮膚の新陳代謝を促進したり、 ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させる 作用があるなど、 美容液さながらのエイジングケア効果を肌に与えることが できるでしょう。



その界隈ではおなじみのプラセンタエキスであったり、 穏やかなピーリング作用が期待されるパイナップル果実エキスの配合も見られます。

シャンプーでありながら、 肌を活性化させるような作用を持つ、まさに スキンケア発想ヘアケアクレンジングシャンプーというのは 名前にたがわぬ 内容となっているといいます。

美容効果を持つが、過大な期待は禁物

さて、質の良い洗浄剤と、エイジングケア成分で構成された期待の持てるシャンプーであるとお伝えしましたが、額面通り受け取って良いのでしょうか。

というのも、シャンプーは洗い流してしまう、という運命にあるので、基本的に定着しづらい成分、浸透性のない成分は、意外と意味をなさなかったりするケースが多いのです。

このシャンプーではどうでしょうか。



鍵となるのは、酢酸ファルネシル、トリ酢酸パンテニル、ファノレネソールの美容効果複合体といえる成分。

この成分はシワを防ぐ効果や、皮膚の新陳代謝を直進して肌の状態を改善しようという効果がある特徴があります。

そして、油溶性であるというのもポイントですね。

油溶性であるということは、肌バリアの成分である皮脂などに馴染んで浸透し、定着しやすいということがいえます。

そのため、シャンプーの後すすいでも洗い流されにくいということになるわけですね。

水に油は溶けないの原理です。

そのため、シャンプーでありながらスキンケア効果も十分に期待できる製品であるということは言えるわけです。

コスト的にも意外と安い方ですし、特に頭皮のケアを重視して考えている方にはお勧めと言える一本なのではないでしょうか。



エイジングケアは頭皮から、とも言われますから、この製品で頭皮の若さを保つという試みを初めて見るのも良いですね。

一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
加水分解コラーゲン
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸TEA
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。
ココイルメチルタウリンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
加水分解ヒアルロン酸
EDTA‐2Na
酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。
ラウレス-4カルボン酸Na

意外と美容効果が残ってくれる。



洗浄剤の質も良く、侮れないクオリティ

販売元による宣伝文

●肌と同じステップで髪をケアする「スキンケア発想のヘアケア」●素髪の美しさを最大限引き出す、”お風呂ではシャンプーだけ、トリートメントはお風呂上り”の新発想ステップ採用●クレンジング:繊細な泡が丁寧に洗い上げ素髪へと戻し、保湿成分が浸透しやすい髪へ●スキンケア発想の3種の保湿成分、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ(保湿成分)を配合●素髪に余計な負担をかけないように、サルフェート、パラベン、合成着色料、石油系界面活性剤は無添加●透明感のあるジャスミン&ベルガモットの香り