ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスクの解析結果

総合順位

392

総合得点 5点満点

2.48

楽天でハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスクを買う
成分数エキス系特効ダメ
31110
  • ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスクの詳細情報
  • LIB JAPANの関連商品
  • [JANコード] 4580313312565
  • [商品ID] 6650
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 972円
  • [1mlあたり] 約 4.86円

ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスク解析チャート

ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスクの解説

それほどディープとは思えない

どちらかといえば髪の表面にどっさりとコーティングを施すタイプ



浸透して云々と言う効果はあまり期待できない


良くも悪くも髪に浸透して補修成分が活躍すると言うことよりも、髪の外側に油分やシリコンを始めとした皮膜形成により質感を改善するという製品に見えます。

エルカラクトンの配合などによるサメの補修効果弾力不要と言ったヨウ素は配合されていますが、それほど際立ってその効果が高いという風には思えません。



あくまでもメインは油分補給やシリコンなどの皮膜形成と言っていいでしょう。

ある程度それらの濃度が濃いことは期待できますが、ヘアマスクとしての実力という点では一級品というほどのものではなさそうです。

髪の補修効果が際立って高いわけでもなく持続性のあるコーティング効果があるほどでもない。

印象としては少し中途半端なコンディショナーに毛が生えた程度の仕上がりとなりそうな予感。

そんなに悪くはないですが期待しすぎるとそうでもないかもしれません。
ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスク

ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスクの全成分

1

2水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

3セテアリルアルコール

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

7ステアリン酸グリセリル

8ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

9ナツミカン花油

10ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

11シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

12ダイズステロール

13アルギニン

14γ-ドコサラクトン

エルカラクトン。γ-ドコサラクトンとシクロペンタシロキサン+セバシン酸ジエチルの混合では揮発性のハリ・コシ効果がはっきりわかりやすいタイプ。γ-ドコサラクトン+セバシン酸エチルは浸透性のハリ・コシ効果タイプ。γ-ドコサラクトン+トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはうねり・絡まりを持続的に改善、キューティクルを美しく整える。

15クオタニウム-18

水に分散するコンディショニング剤。カラーリングの保護。スプレータイプの製品には乳化剤としても使用できる。

16セバシン酸ジエチル

二塩基酸ジエステルで、モノエステルに比べ溶解性・浸透性が良く、軽い感触、薬剤浸透。

17セテス-20

18トリメチルシロキシフェニルジメチコン

19フェニルトリメチコン

ツヤ感が特徴のシリコーンオイルです。

20アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

21クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

22クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

23カラメル

24ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド

4級カチオン界面活性剤です。髪に吸着してコンディショニング作用を与え、殺菌作用、帯電防止効果を付与します。

25ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

26ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

27イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

28プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

29エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

30メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

31香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ハイダメージを繰り返して傷んだ髪にも芯まで補修成分が浸透します。
毛先までしなやかにまとまり続くツヤ髪へ。
集中リペアのヘアマスクです。
ダメージ補修&ケア成分を3倍配合(ハニーチェディープモイストリペアヘアトリートメント比)。

ハニーチェ ディープモイストリペア ヘアマスクを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。