ピュエルシロップシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

ピュエルシロップシャンプーの解析結果

総合点2.51
2518個中907位
品質2 %
成分数24
1mlあたり9.9円 %
安全性3.8 %
エキス類0
  • ピュエルシロップシャンプーの詳細情報
  • [JANコード] 4582343472356
  • [ランキング] 907位 2518個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.51点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2970円
  • [1mlあたり] 約 9.9円
  • [商品ID] 8354
  • [成分数]24
  • [洗浄剤数]6
  • [エキス類]0
  • [特に優れた成分]1
  • [要注意成分]0

販売元による宣伝文

粘度の高さは、保湿力の証。はちみつや麦芽糖などを使用した独自のシロップ技術で、髪を保湿・補修。

ピュエルシロップシャンプー解析チャート

ピュエルシロップシャンプーの解説

概要

  • メーカー:アレラ
  • ジャンル:シャンプー
  • 注目成分: ココイル加水分解コラーゲンTEA
  • 特徴:かなり個性派、しっとり上質感あるシャンプー。

どんなシャンプー?

一見すると、スルホコハク酸パレス-2Naベースで平均的なシャンプーなのかな、と思わせる始まり。しかし、ここからがかなり曲者でした笑。

ココイル加水分解コラーゲンTEA、ココイル加水分解ケラチンK、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コラーゲンと、見ようによっては上質の極みみたいな成分がぞろぞろと配合。

この他にもココイルグルタミン酸TEA、レシチン3種など、潤い系の成分がかなり幅を利かせているという内容でした。

もう最初のスルホコハク酸パレス2Naの事を忘れそうなくらい、しっとり系の成分ばかりで構成されているのがわかります。

どんなメリットがある?

単純に、しっとり系の仕上がりが好きな方に向けたシャンプーです。

さっぱり感など微塵も期待してはいけません笑。

上質で、肌バリア、髪バリアをたっぷり補ってくれるエモリエント系シャンプーという存在になるでしょう。

デメリットは?

さっぱり感がない、泡立ちは弱くはないが、やや重めという印象はあるでしょう。これが苦手な人にはデメリットとなりますが、そもそもさっぱり感を求めて買うシャンプーではないのは明白なので、そこらへんは大きな問題とはならないと思います。

まとめ

髪をしっとりまとめる、肌をバリアして潤いで満たす、そんなシャンプーをお探しであれば良い選択肢となるでしょう。

防腐剤に酸化銀を使っていたり、洗浄剤にしても低刺激性は一般的なマイルドタイプのシャンプーよりも気を遣って作られているのがわかります。

最上級クラスのペプチド系洗浄剤の添加も、どれだけ仕上がりに違いを与えてくれるか楽しみです。

コンディショニング系のシャンプーとして、試す価値はある悪くないシャンプーの1つといえそうです。

    

Puer Syrup Shampoo

Overview

  • Manufacturer: Alera
  • Genre: Shampoo
  • Featured ingredient: Cocoyl hydrolyzed collagen TEA
  • Characteristics: Quite unique, moist and high quality shampoo.

What kind of shampoo?

At first glance, it starts out as an average shampoo with a sulfosuccinic acid palace-2Na base. However, this is where it gets quite tricky lol.

Cocoyl hydrolyzed collagen TEA, cocoyl hydrolyzed keratin K, and hydroxypropyltrimonium hydrolyzed collagen are just a few of the ingredients that seem to be the ultimate in quality.

In addition to this, there is a wide range of moisturizing ingredients such as cocoyl glutamate TEA and three types of lecithin.

I almost forgot about the sulfosuccinic acid palsule 2Na at the beginning, but I can see that it's made up of moist ingredients.

What are the benefits?

This shampoo is simply for those who like a moist finish.

Don't expect a refreshing feel at all.

It will be a high quality, emollient shampoo that will replenish your skin barrier and hair barrier.

Disadvantages?

It may not feel refreshing, and the lather is not weak, but it is a bit heavy. This is a disadvantage for those who don't like it, but since it's obvious that you're not buying this shampoo to feel refreshed, it's not a big deal.

Summary

If you are looking for a shampoo that will moisturize your hair, barrier your skin, and fill it with moisture, this is a good choice.

It uses silver oxide as a preservative, and its hypoallergenic detergent is made with more care than most mild-type shampoos.

I'm also looking forward to seeing how much of a difference the addition of a top-grade peptide-based detergent will make in the finished product.

As a conditioning shampoo, it seems to be one of the not bad shampoos that is worth trying.

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸TEA
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。含有量95%以上のものを濃グリセリンと呼びます。
グリセリン
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。脱脂力はそれほど高くなく、さっぱりした仕上がりに。
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na
コメヌカスフィンゴ糖脂質