セルピュア ヘアシャンプー の解析結果

総合順位

518

総合得点 5点満点

2.69
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
305711
  • セルピュア ヘアシャンプー の詳細情報
  • フロンティアの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2039
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2500円
  • [1mlあたり] 約 8.33円
洗浄力
2.4
素材 
2.1
安全性
4.4
コスパ 
3.1
環境 
3.6
補修力
2.1
潤滑性
2.9
頭皮改善 
2.7
ツヤ 
1.8
持続性
3.3
感触 
2.6
育毛
1.5
洗浄剤
3.3

セルピュア ヘアシャンプー の解説

髪が嬉しいシャンプーでしょう。



比較的マイルドでさっぱり系でありながら指通り重視の仕上げ。

シルク系の洗浄剤や、キトサンの原型であるキチン、キューティクルの接着剤である18−MEA系のクオタニウム-33など、髪のコンディションを改善させるような意図を感じさせる内容です。



頭皮環境改善系のエキスも散見されますが、そちらの要素はさほど重要とは思いません。

髪に対するアプローチに比べれば、それらの本気度は高いとは言えないからです。



洗浄性はほぼ刺激性を抑制して質の高さを感じさせるレベルにはあると言えます。

一級品とまではいえませんが、ベタつきなく品の良い使用感、そしてコンディショニング効果が印象良く残るでしょう。

セルピュア ヘアシャンプー の全成分

1

2イソペンチルジオール

3-メチル-1,3-ブタンジオール。溶剤として主に使われ、抗菌性、保湿性を付与する面もある。

3ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

6ラウロイル加水分解シルクNa

シルクに含まれるタンパク質フィブロインとヤシ油由来の洗浄剤です。非常に肌にマイルドであり、かつ泡立ちがしっかりしている他、シルクならではの非常に優れたコンディショニング効果が特徴のアニオン界面活性剤。とても高額な素材であるという特徴も。

7コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

8イソステアロイル加水分解コラーゲン

保湿効果。

9イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD

別名イソステアロイル加水分解コラーゲン・アミノメチルプロパンジーオール塩。コラーゲン加水分解物とイソステアリン酸との縮合物。皮脂と馴染みがよく浸透性を有するコラーゲン誘導体である。

10加水分解酵母

・細胞活性化を期待の酵母・ビフィズス菌エキスの添加も見られます。
これは少し入ってると嬉しい部類。

11ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

12クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

13カルボキシメチルキチン

14オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

15ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

16サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

17セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

18セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

19レモンエキス

20グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

21ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

22グレープフルーツ果皮油

天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。

23酸化Na

24イソステアリン酸

25ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

28EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

29メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

30プロピルパラベン

販売元による宣伝文

天然ヤシ油とアミノ酸で作ったコンディショニング効果の高いシャンプーです。天然成分由来のため微生物の分解も早く、海を汚さない様、環境にも優しく仕上げています。弱酸性で滑らか・しっとりとした洗いあがりを実感できます。

セルピュア ヘアシャンプー の関連商品

セルピュア ヘアシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。