マー&ミー ダメージリペア シャンプーの解析結果

マー&ミー ダメージリペア シャンプー

総合順位

1280

総合得点 5点満点

1.97
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
213000
マー&ミー ダメージリペア シャンプー解析チャート

マー&ミー ダメージリペア シャンプーの解説

アミノ酸系のなかでも一味違う

市販の安価で手に入るアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系、というと泡立ちが弱かったり、しっとりしすぎたりするのが苦手、という方もいらっしゃるかと思いますが、ラウロイルヒドロキシエチル-β-アラニンNaという泡量豊富なアミノ酸系洗浄剤を投入することで弱点をカバー。

アミノ酸系ながらラウレス硫酸Naばりに泡立ち、かつコンディショニング効果に優れるといういいとこ取り状態なわけですね。

シンプルに使用感が良いシャンプー

シャンプーとしての構成要素が少なく、わりとシンプルな中身といえる内容ですが、使用感にとてもこだわった形跡が見受けられます。

前述した質の良いアミノ酸系洗浄剤に加え、PPG-2コカミド、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインなど補助洗浄剤もクオリティが1段上のチョイスがされています。

そしてヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルという非イオン界面活性剤は界面活性剤ながら潤滑性が非常に高く、仕上がりにコンディショナーのような滑りをもたらすことでしょう。

ただでさえラウロイルメチルアラニンNaのようなアミノ酸系ベースでありながら、補助洗浄剤による圧巻のコンディショニング効果が底支えしている、というシャンプーです。

市販品としてはモノが違う、と思わせる内容で、アミノ酸系というカテゴリの中でも一歩進化したシャンプーという印象を受けました。

子供の髪にもオススメというのが理解できる、上質で安心感のある製品ですね。

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。
ラウロイルメチルアラニンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール

使用感が1段上。



上質なアミノ酸系

販売元による宣伝文

●ダメージでパサつくおとなの髪と、静電気のおきやすいこどもの髪に
●髪と地肌の保湿成分プレミアムWミルクプロテイン配合
●ダメージ補修成分ラクトース配合
●毛先までしっとりツヤ、からまずまとまる
●植物由来アミノ酸系洗浄成分
●ぷるふわ泡
●地肌のニオイをおさえ心地よい香りがつづくブルーミング香料採用
●あかるくはずむアップルオレンジブロッサムの香り
●ノンシリコン・サルフェートフリー
●こどもと一緒に使える