OHANA MAHAALO(オハナ マハロ) フレグランストリートメント ハリーアノヘアの解析結果

OHANA MAHAALO(オハナ マハロ)  フレグランストリートメント ハリーアノヘア

総合順位

107

総合得点 5点満点

3.17
成分数エキス系特効ダメ
66850
  • OHANA MAHAALO(オハナ マハロ) フレグランストリートメント ハリーアノヘアの詳細情報
  • FRAGRANCY(フレグランシー)の関連商品
  • [JANコード] 4573227388504
  • [商品ID] 7537
  • [容量] 465ml
  • [参考価格] 1595円
  • [1mlあたり] 約 3.43円
OHANA MAHAALO(オハナ マハロ) フレグランストリートメント ハリーアノヘア解析チャート

OHANA MAHAALO(オハナ マハロ) フレグランストリートメント ハリーアノヘアの解説

ハッキリしない立ち位置

肌に中途半端に優しいことがもたらす結果

様々な成分がぎっしり詰まったトリートメント。しかし、内容的には少し残念に思える部分も。

まず何と言っても、肌の危険性が低めであるという特徴が第一。

それだけ見れば良さそうですが、トリートメントとしては仕上がりを左右する非常に大事なポイントになります。

なぜ肌に優しいか,それはカチオン界面活性剤がベースに含まれていないからです。

カチオン界面活性剤というのは、大多数のコンディショナーのベースとなっている成分で、洗濯で言えば柔軟剤にあたる成分です。

この成分は肌に対して刺激性が強く、タンパク変性作用が極めて強いため一般的に肌に付着させないように髪にだけ塗布することが常識です.

ただし,髪のダメージ部分に対して選択的に吸着し,ダメージ部分をカバーしてくれる基礎となる成分でもあるのです。

また、帯電防止効果によって髪の絡まりを防ぐと言った効果もあり、洗濯の柔軟剤をイメージしていただければわかりやすいかと思います。

少し話が脱線しましたが、このカチオン界面活性剤がベースにない=肌には優しい。となるのはお分かりいただけたかと思います。

同時に、ダメージ部分をカバーできていない=ヘアケア効果が著しく下がるという意味でもあります。

あれこれとケア成分が配合されてはいるが

トリートメントとしての基礎がない,家を建築する時に柱がないような感じの作りになっていますので、この後に様々な美容成分などが配合されていますが、どれも定着が悪かったりする原因になるというわけです。

簡単な例で言えば、シリコンがきちんとコーティングするための土台がないため、健康な髪の毛の部分にコーティングし、ダメージ部分にはコーティングされないと言う残念な結果を招くということです。

幸いにも,セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパクといった少しカチオン性を持ったコンディショニング成分も含まれているため、若干のダメージケア能力は期待できる点は考慮できます。

しかし、やはりベース部分に基礎がないと言う影響は大きく、即効性や持続性の点で大きく遅れをとってしまうことは自明です。

結局入れちゃってるカチオン界面活性剤

このトリートメントの最も残念なところは、結局カチオン界面活性剤を添加する形で配合していること。

ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドなど複数のカチオン界面活性剤を添加していて、つまるところ安全性を損なっている結果に。

意図としては、カチオン界面活性剤のスピーディーで分かりやすいコンディショニング効果をどうしても足したかった、ということがあると思います。

しかし、これでは頭皮に塗ってスキンコンディショニング成分の良さを活かすという使い方がしづらくなり、せっかくの美容成分も活躍の場を失うことになります。

また、本来のカチオン界面活性剤の働きが配合量の少なさにより実に中途半端な結果となってしまい、頭皮にも髪にも結果的に良い仕上がりを期待できない原因を作ってしまっているように思います.

チョイスされている成分が比較的良いだけに、この中途半端な処方は極めて残念で、一体何がしたかったのか、という話になりますね。

良く言えば、頭皮に優しいツヤ系のトリートメント、というふうに言えますが、相性が合うのはダメージレベルがとても低く、頭皮が頑丈な人だけというなんとも残念なことに。

18-MEA(毛髪のバリア)構造に類似し、毛髪表面を理想的な状態に補修。ちなみに、18-MEAとはキューティクル同士の接着剤のような働きをしている脂質のこと。
セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク
ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。また、抗AGEs(抗糖化)作用があることもわかった。
シャクヤク根エキス
マグワ根皮は桑白皮(そうはくひ)とも呼ばれます。チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制効果を付与。また、抗炎症、抗酸化、毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす育毛効果、消臭作用などを付与。
マグワ根皮エキス
セリ科植物トウキの根から得たエキス。婦人科で必要とされる薬効を豊富に含むことで知られます。血行促進、コラーゲン分解阻害作用、抗アレルギー作用を付与。
トウキ根エキス
コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。
水溶性コラーゲン
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。
シア脂
持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ダイズステロール
油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。
パルミチン酸エチルヘキシル
シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク
酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
オリーブ果実油
マメ科クララの根から抽出したクジン(苦参)とも呼ばれるエキスです。アルカロイド、フラボノイド、ステロールなどを含み、血行促進・抗酸化作用などを中心としてアンチエイジング作用、整肌作用を付与します。
クララ根エキス

頭皮、髪両方に中途半端

OHANA MAHAALO(オハナ マハロ) フレグランストリートメント ハリーアノヘアの全成分

  1. シクロペンタシロキサン
  2. セタノール
  3. ジメチコン
  4. ステアリルアルコール
  5. グリセリン
  6. パルミチン酸エチルヘキシル
  7. セラミドAG
  8. セラミドEOP
  9. セラミドNP
  10. セラミドAP
  11. セラミドNG
  12. コレステロール
  13. クオタニウム-33
  14. セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク
  15. PCA
  16. グリシン
  17. アラニン
  18. セリン
  19. バリン
  20. イソロイシン
  21. トレオニン
  22. プロリン
  23. ヒスチジン
  24. フェニルアラニン
  25. クランベアビシニカ種子油
  26. オプンチアフィクスインジカ種子油
  27. ブロッコリー種子油
  28. ティーツリー葉油
  29. オリーブ果実油
  30. ノイバラ果実エキス
  31. マグワ根皮エキス
  32. シャクヤク根エキス
  33. トウキ根エキス
  34. クララ根エキス
  35. ヒアルロン酸Na
  36. 水溶性コラーゲン
  37. アスコルビルグルコシド
  38. マロン酸ジエチルヘキシルシリンギリデン
  39. アルガニアスピノサ核油
  40. シア脂
  41. (ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク
  42. PCA-Na
  43. アルギニン
  44. アスパラギン酸
  45. γ-ドコサラクトン
  46. アモジメチコン
  47. グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
  48. セバシン酸ジエチル
  49. ダイズステロール
  50. トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
  51. ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)
  52. 乳酸Na
  53. ステアリン酸グリセリル
  54. トリ水添ロジン酸グリセリル
  55. 水添レシチン
  56. ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド
  57. ベヘントリモニウムクロリド
  58. クオタニウム-18
  59. イソプロパノール
  60. BG
  61. PG
  62. 乳酸
  63. EDTA-2Na
  64. フェノキシエタノール
  65. 香料

販売元による宣伝文

美容保湿成分に加えて、アルガンオイルとシアバターを贅沢にプラス。
毎日受ける髪のダメージをしっかりケアし、時間が経ってもパサつかず、
スタイリングもしやすい、しっとりサラサラな艶髪に導きます。
・5種類のヒト型セラミド配合
・5種類のボタニカルオイル配合
・5種類のボタニカルエキス配合
・保湿成分配合(ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンC誘導体)
・ヒートプロテクト成分配合
・4つのフリー(パラベン・エタノール・石油系海面活性剤・合成着色料)
・カラーヘアモイスト成分配合

香りについて

Haliaは「思い出」、Noheaは「可愛い」。
幼い頃から乙女心をくすぐる、ファンタジックで喜びと夢に満ちた、可愛いおとぎ話のイメージ。
フェミニンなイメージはそのままに、フ