MASSUGUトリートメント まっすぐ専用洗い流さないトリートメントの解析結果 | シャンプー解析ドットコム

MASSUGUトリートメント まっすぐ専用洗い流さないトリートメントの解析結果

総合点2.7
513個中239位
品質2 %
成分数31
1mlあたり25.7円 %
安全性1 %
エキス類4
詳細情報
  • MASSUGUトリートメント まっすぐ専用洗い流さないトリートメントの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4562168327802
  • [ランキング] 239位 513個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.7点
  • [ジャンル] OUT
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 3080円
  • [1mlあたり] 約 25.67円
  • [商品ID] 7846
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]31
  • [エキス類の数]4
  • [特に優れた成分の数]1
  • [要注意成分の数]0
販売元による宣伝文
極少の毛髪補修成分が、髪の内側までしっかり浸透します。また、ドライヤーやアイロンなど熱を加えることで毛髪内部でしっかり定着します。定着することでキューティクルを整え、「うねり」「からまり」「まとまらない」など、さまざまな髪の悩みを改善するトリートメントです。
MASSUGUトリートメント まっすぐ専用洗い流さないトリートメント解析チャート

MASSUGUトリートメント まっすぐ専用洗い流さないトリートメントの解説

確かな効果と、圧倒的なリスク

効果はすごいことになってますが、リスクも高いのです。

γ-ドコサラクトンやクオタニウム-33、ケラチン誘導体にリピジュアなど、錚々たる素材がベースを構成するアウトバストリートメント。

ただし、そのベースにベヘントリモニウムクロリドも配されています。

ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤

タンパク変性作用、脱毛作用が強力で、肌荒れリスクが洗浄剤よりもずっと高い成分です。

洗い流さないトリートメントで、これだけのリスクが高配合されている事実は見逃せません。

γードコサラクトンをはじめ、髪に弾力を与える、強化する、また保湿作用をもたらすといった効果は間違いなく濃厚で高いでしょう。

アウトバストリートメントとしてはかなりしっかり効いてくると思われますが、カチオン界面活性剤の肌荒れ効果も同様に濃厚です。

カチオン界面活性剤によるリスクを考えれば、これだけのメリットがあってもおすすめとは言いづらく、なんなら洗い流して使ってほしいくらいにリスクが大きい状態です。

わかりやすい効果があればよい、というわけではなく、やはり安全性がベースにあっての話となるためこういう作風には与しません。

逆に言えば、リスクの部分を取り払えれば大いなる可能性もある・・ということです。

わかりやすい体感を最優先すると、リスクが顕在化する。

(株)シックコーポレーション MASSUGUトリートメント まっすぐ専用洗い流さないトリートメントをAmazonアマゾンで購入
保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。
ハチミツ
オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。
オレンジ油
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。
ダマスクバラ花油
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
加水分解シルク
シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。
ラベンダー油
さわやかな芳香が特徴の柚子果実から得たエキスです。ゆず湯やお吸い物、ポン酢にも使われる素材ですが、化粧品ではホワイトニング作用、血行促進作用、温熱、創傷治癒などの効能があります。
ユズ果実エキス
ダイズステロール
炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。
プロパンジオール
ケラチンをゆっくりと溶解・精製した高分子量γケフトースの4級カオチン化誘導体です。髪のダメージ部に選択的に吸着し、髪の弾力性・保湿性を高めます。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)
ベルガモット果実油
キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。
ローマカミツレ花油
セリ科植物、ウイキョウの実から抽出したエキス。DNA修復活性を高めて細胞の突然変異を防ぐ作用が見出されている。 抗酸化作用や抗炎症作用、血行促進作用、抗菌作用、創傷治癒促進作用がある。 防腐剤、香料としても配合される。
ウイキョウ果実油
ネロリとも呼ばれます。リナロールが主成分で鎮痛、保湿、抗炎症、抗ウイルス作用を付与し、精油としても香りが好まれるものです。
ビターオレンジ花油