A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー の解析結果

A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー

総合順位

481

総合得点 5点満点

2.8
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
404210
  • A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー の詳細情報
  • ルメルシアンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1787
  • [容量] 310ml
  • [参考価格] 3000円
  • [1mlあたり] 約 9.68円

A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー 解析チャート

A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー の解説

マイルド+浸透+スキンケア



個性的な立ち位置のシャンプーです。

というのも、

洗浄剤のさっぱり系ながら低刺激マイルドベースも面白いのですが、ネオソリュー アクリオ+ペリセアの浸透する整肌作用や、

抗酸化力、アロマ効果、保湿作用など幅広い効用が特徴の一品。





感触はトリートメントのように



中でも感触改良効果はわかりやすく、瞬間的に髪の状態を整えてコンディショニング作用を示すでしょう。

実は頭皮にも、これらの作用が有効に働きスキンケア効果を期待できます。





人にも環境にも負荷が少ない良品



少なくない育毛効果を期待して買うのもアリ。髪にも頭皮にもバランスよく作用して、かつ環境負荷が少ないのも嬉しいポイント。

頭髪の全体的なコンディションアップに貢献する、良好な内容のシャンプーと言っていいでしょう。

A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー の全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

3ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

4バーム核脂肪酸アミドDEA

5ココイルイセチオン酸Na

ヤシ油脂肪酸とイセチオン酸のエステルをナトリウムで仕上げた界面活性剤です。イセチオン酸とは、分子内にヒドロキシル基とスルホン酸基を有する2官能性の化合物。比較的洗浄性が高く、適度にさっぱり感を付与します。

6ラウリン酸ポリグリセル-10

7ラウリルグルコシド

8塩化Na

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

11シクロヘキサン-1

124-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコ一ル

13グルコシルヘスベリジン

14バンテノ一ル

15トウツバキ種子油`

16ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

17ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

18ロ一ズマリ一エキス

19ボリクオタニウム-64

20紅藻エキス

21カプリロイルグリシン

・カプリロイルグリシンはグリシンバイオベクターとして抗菌性を与え、防腐剤の使用量の軽減が可能。5-αリダクターゼ阻害効果があり、脂漏性皮膚炎の有効なケア成分である。

22プロバンジオ一ル

23ラウリン酸PEG-2

・増粘剤の性能は少しメリットと言えます。
一般的なコカミドDEAなどよりも増粘効果が優れ、特にアミノ酸系の界面活性剤の増粘を得意としています。

24イセチオン酸Na

25白金

高い抗酸化作用を示す、特に酸化触媒として働く。

26ボリソルベ一ト80

27セテアレス-60ミリステルグリコ一ル

28ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

29アンジェリカ根油

30イランイラン花油

31オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

32ニオイテンジクアオイ油

フクロソウ科ニオイテンジクアオイ、通称ゼラニウムと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ミント様の甘くて重めの香りが特徴です。ローズの香り成分と似た組成で、抗うつ作用、抗菌・鎮痛作用などを与えます。

33ラベンダ一油リナロール

34リモネン

35ヤシ脂肪酸

36ペンテーと酸5Na

37クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

38フェノキシエタノ一ル

39エタノ一ル

40香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

髪と頭皮の健康と美しさを追求したノンシリコンシャンプー。きめ細かな泡立ちで優しく洗い上げます。

A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー の関連商品

A'ngereve(アンジェレーヴ) コンディショニングシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。