オルビス ナチュラルリペア シャンプーの解析結果

オルビス ナチュラルリペア シャンプー

総合順位

54

総合得点 5点満点

4.06
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
216410
  • オルビス ナチュラルリペア シャンプーの詳細情報
  • オルビス / ORBISの関連商品
  • [JANコード] 00940601
  • [商品ID] 7367
  • [容量] 420ml
  • [参考価格] 1320円
  • [1mlあたり] 約 3.14円
オルビス ナチュラルリペア シャンプー解析チャート

オルビス ナチュラルリペア シャンプーの解説

超シンプルなアミノ酸系。感じの良さが溢れ出ている。

とてもアタックが柔らかいアミノ酸系らしいアミノ酸系シャンプーです。

ともにバランスの良いココイルメチルタウリンナトリウムと酸性石鹸と呼ばれるラウレス4カルボン酸ナトリウムベースということで、さっぱりと洗えるわりに、ややウェットな感触も得られる構成となっています。

添加されているココイルグルタミン酸TEA, ポリクオタニウム7による感触改良効果が、さらにシャンプーとしてのタッチの柔らかさを強調しているようです。

内容的にはとてもシンプル。植物エキスのチョイスが絶妙

全体的にシンプルな構成なため、シンプルに洗うというスタンスで作られているのがわかります。とびきりのヘアケア効果や、頭皮へのエイジングケア作用がすごいとか、ボタニカルがどうとか、余分な脚色を加えずシンプルに洗浄の質の良さを追求したような構成と言えるでしょう。

適度な洗浄力の強さや、泡質のエモリエント感など、うっとりするような使用感が高級感に溢れ、シャンプー体験を素晴らしいものにしています。

そして、いくつか加えられている植物エキスのクオリティが地味に良い点も見ておきましょう。

抗糖化作用をもつウメ果実エキスをはじめ、ヒスタミン遊離抑制作用を持つソメイヨシノ葉エキス、ミドル脂臭やタバコのニオイなどの消臭効果が抜群のオオウメガサソウ葉エキス、高い創傷治癒作用を持つどくだみエキスが配合。

あってもなくても、というような成分ではなく、厳選された効果の高い植物エキスであることが、このちょっとした説明からも分かると思います。

地味であまり目立たない存在ですが、この辺りに気を使っているというのは良いシャンプーである証左といえそうです。

コストパフォーマンスがとても良い

洗浄剤のバランスが良く、植物エキスの質が優れ、シンプルながらとても総合力の高いシャンプーです。

そして、この内容でありながら、コストパフォーマンスが良い!ということも忘れてはいけません。

市販シャンプーに迫るほどのコスパである部分ではサロンシャンプーを超えるほどの質を見せる内容をゲットできるわけですから、おすすめしないわけがありません。

わりとさっぱり洗えたい人にも、アミノ酸系特有の優しさを求めたい方にとっても不満なく洗い上げることができるちょうど良さが魅力と言っていいでしょう。

エキスの優れた能力を体感するもよし、毎日の日常使いクレンジングシャンプーとしてどしどし使うもよし、何とも使い勝手の良いシャンプーの一つと言えるでしょう。

割とおすすめです。

一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
・ウメ果実エキスはメイラード反応(肌の糖化)を抑制する働きがあり、肌の老化、くすみを抑制する効果を付与。
ウメ果実エキス
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸TEA
抗菌・創傷治癒、消臭、抗炎症、抗育毛作用などを付与。
ドクダミエキス
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。
ソメイヨシノ葉エキス
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。
ココイルメチルタウリンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。
ラウレス-4カルボン酸Na

洗浄剤の質がよく、植物エキスの効果的な消臭効果も地味に素晴らしいです。

販売元による宣伝文

植物由来&アミノ酸系洗浄成分配合の濃密泡で、髪と地肌をやさしく洗い上げるシャンプーです。
ダメージをケアしながら、スタイリングしやすい健やかな髪へ整えます。とろみが少なくみずみずしいテクスチャー。髪全体になじみやすく、よく泡立ちます。

●無油分、無香料、無着色●アルコールフリー●弱酸性●シリコンフリー