あつまれ どうぶつの森 リンスインポンプシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

あつまれ どうぶつの森 リンスインポンプシャンプーの解析結果

ランク:1786位 ポイント:1.5 1mlあたり:1.83円
  • あつまれ どうぶつの森 リンスインポンプシャンプーの詳細情報
  • バンダイ ライフ事業部の関連商品はこちら
  • [JANコード] 4549660691303
  • [ランキング] 1786位
  • [ポイント(5点中)] 1.5点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 550円
  • [1mlあたり] 約 1.83円
  • [商品ID] 8228
  • [成分数]31
  • [洗浄剤数]7
  • [エキス類]4
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]0

販売元による宣伝文

●「あつまれどうぶつの森」デザインのリンスインポンプシャンプー
リンスインだから、お子様の髪の毛を簡単に洗え、お子様でも使いやすいポンプタイプです。
●お子様の髪と頭皮をやさしく洗う、目にしみにくい低刺激性のシャンプーです。
●アミノ酸系界面活性剤配合で、皮脂を取りすぎず、うるおいを残して優しく洗い上げます。
●原産国は日本で、合成着色料不使用なので安心してお使いいただけます。
●弱酸性
●フルーツミックスのかおり。

あつまれ どうぶつの森 リンスインポンプシャンプー解析チャート

あつまれ どうぶつの森 リンスインポンプシャンプーの解説

概要

  1. メーカー:バンダイ ライフ事業部
  2. ジャンル:シャンプー
  3. 注目成分: ココアンホジ酢酸2Na、ラウレス硫酸Na
  4. 特徴:コストが安い、子供向け?
  5. 星:★★☆☆☆ (2)

どんなメリットがある?

まず一番見なければならないところは、ラウレス硫酸Naがベースであるということ。

量産型で強い洗浄力があることがわかります。

そして、ココアンホジ酢酸2Naとラウロイルアスパラギン酸Naが添えられている、という洗浄剤の構成ですね。

これは、洗浄力は強いが、いくらか凶暴さを抑えられている、と解釈できます。

微量ながらコカミドプロピルベタイン、ラウラミノプロピオン酸Naが添加されている点も、同じくラウレス硫酸Naの負の部分を薄める役割を果たしています。

同時に、わずかながらコンディショニング効果を加えている、という点がリンスインの所以でしょう。

何か直接リンス系の成分が入っている、というより、コンディショニング効果のある洗浄剤を混ぜている、という具合です。

洗浄剤の刺激を抑制しながら手触りを良くするので一石二鳥というところでしょう。

デメリットは?

そもそも子供向けにはラウレス硫酸ナトリウム系はいささか洗浄力が過剰です。

様々な手を使って子供向けに仕立て上げることは可能ですが、やはり洗浄剤自体を質の良いものにすることが、美容的には近道なのは言うまでもないでしょう。

まとめ

結論的には、子供に使うシャンプーとしてはとくに問題はありません。ただ、ベストであるとも言えません。可もなく不可もなしという感じです。

値段が安かったり、キャラクターが好みという理由で選ぶ方がほとんどだと思いますが、最悪なチョイスではないという点では安心できるかなと思います。

より質を高めると、もっと良い髪の状態、肌の状態を維持しやすいですよ、ということは頭に入れておきたいですね。

    

Atsumare Animal Crossing Rinse-in Pump Shampoo

Outline

  1. manufacturer: Bandai Life Division
  2. Genre: Shampoo
  3. featured ingredients: 2Na cocoamphodiacetate, Na laureth sulfate
  4. features: low cost, for kids?
  5. stars: ★★☆☆☆ (2)

What are the benefits?

The first and most important thing you need to look at is that it is based on sodium laureth sulfate.

You can see that it has strong cleaning power in mass production.

And then there's the composition of the detergent, with sodium cocoamphodiacetate and sodium lauroyl aspartate.

This can be interpreted as :strong cleaning power, but somewhat less violent.

The addition of small amounts of cocamidopropyl betaine and sodium lauraminopropionate also serves to dilute the negative effects of sodium laureth sulfate.

At the same time, they add a slight conditioning effect, which is why it is called Rinse-In.

Rather than directly containing rinse ingredients, it is a mixture of detergents with conditioning effects.

It's not a direct rinse, but rather a mixture of conditioning detergents.

What are the disadvantages?

In the first place, sodium laureth sulfate is a bit overpowering for children. .

It is possible to make it more suitable for children by using various methods, but it goes without saying that using a good quality detergent is a shortcut from a cosmetic point of view.

Summary

In conclusion, as far as shampoos for children go, there is no problem. It's just that it's not the best. It's just that it's not the best.

I think most people choose it because it's cheap or because they like the character, but I think it's safe to say that it's not the worst choice.

I would like to keep in mind that if you improve the quality of the product, it will be easier to maintain a better hair and skin condition.

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
オレンジ果汁
レモン果汁
グレープフルーツ果実エキス
コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。
水溶性コラーゲン
・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
サンザシエキス
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
リンゴ果実エキス
アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。すすぎ性がきわめて良好。さっぱりした感触に仕上がる。
ラウロイルアスパラギン酸Na