仮面ライダーリバイス リンスインポンプシャンプー フレッシュグリーンのかおりの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

仮面ライダーリバイス リンスインポンプシャンプー フレッシュグリーンのかおりの解析結果

ランク:1684位 ポイント:1.62 1mlあたり:1.83円
  • 仮面ライダーリバイス リンスインポンプシャンプー フレッシュグリーンのかおりの詳細情報
  • バンダイ ライフ事業部の関連商品はこちら
  • [JANコード] 4549660704294
  • [ランキング] 1684位
  • [ポイント(5点中)] 1.62点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 550円
  • [1mlあたり] 約 1.83円
  • [商品ID] 8227
  • [成分数]25
  • [洗浄剤数]7
  • [エキス類]1
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]0

販売元による宣伝文

●こどもの髪をやさしく洗う!
●「仮面ライダーリバイス」デザインのリンスインポンプシャンプー♪
●髪と頭皮をやさしく洗う、目にしみにくい弱酸性のリンスインシャンプーです。
●リンスインタイプだから、お子様の髪の毛を簡単に洗えます。
●目にしみにくく、弱酸性でこどもにやさしいシャンプーです。
●アミノ酸系界面活性剤配合で、髪をしっとりなめらかにします。
●原産国は日本で、合成着色料不使用なので安心してお使いいただけます。

仮面ライダーリバイス リンスインポンプシャンプー フレッシュグリーンのかおり解析チャート

仮面ライダーリバイス リンスインポンプシャンプー フレッシュグリーンのかおりの解説

概要

  1. メーカー:バンダイ ライフ事業部
  2. ジャンル:シャンプー
  3. 注目成分: ラウレス硫酸Na、ココアンホジ酢酸2N
  4. 特徴:量産型、ギリギリ子供向け
  5. 星:★★☆☆☆ (2)

どんなメリットがある?

ベースは、ラウレス硫酸ナトリウム。量産型の強い洗浄力が特徴。

これだけでは、子供向けには粗雑過ぎるので両性界面活性剤やアミノ酸系界面活性剤をミックスしている、というのがこのシャンプーのほとんどです。

ラウロイルアスパラギン酸Na、ココアンホジ酢酸2Naといったあたりの添加はまずまず悪くありません。コンディショニング効果と、洗浄剤の刺激緩和にも一役買っています。

それだけといえば、それだけのシャンプーですね。

デメリットは?

なにしろ洗浄剤の洗浄力が高すぎる、というのはあります。

緩和されているとはいえ、ベース自体はやはり子供には無駄に洗浄力過多な感は否めません。

まとめ

そもそも、より質の高い洗浄剤をベースに据えることでもっと簡単に髪や頭皮の状態を改善することは可能ですし、このレベルのシャンプーであればもっと安く買うことだって可能でしょう。

ただ、キャラクター系シャンプーであるため内容はあまり見ないで買う方が多いのかな、という気もします。

そういう場合でも、とりあえず最悪ではないということで最低限の安心感はあるシャンプーです。

ラウレス硫酸ナトリウムベースですが、添加補助洗浄剤の緩和作用のおかげでひどい仕上がりやダメージになる懸念は払拭されています。

かわりに、メリットもあまりないのは残念ですが。

願わくば、もう1つ上のレベルの洗浄剤で肌のケアを重視してみたいところ。

    

Kamen Rider Revise Rinse-in Pump Shampoo with Fresh Green Scent

Outline

  1. manufacturer: Bandai Life Division
  2. Genre: Shampoo
  3. featured ingredients: Na laureth sulfate, Cocoamphodiacetic acid 2N
  4. characteristics: mass production, just barely for children
  5. stars: ★★☆☆☆ (2)

What are the benefits?

The base is Sodium Laureth Sulfate. Features mass-produced, strong cleaning power.

Most of these shampoos are a mix of amphoteric and amino acid surfactants because this alone is too coarse for children.

The addition of things like sodium lauroyl aspartate and sodium cocoamphodiacetate is not a bad idea. The addition of sodium lauroyl aspartate and sodium cocoamphodiacetate is not bad at all, and helps to condition and ease the irritation of the detergent.

That's all I can say about this shampoo.

Disadvantages?

If you're looking for a shampoo that's not too harsh, this is the one.

The base itself is still a bit too strong for children, though.

Summary

To begin with, it's possible to improve the condition of your hair and scalp more easily by using a higher quality detergent as a base, and it's also possible to buy a shampoo of this level at a lower price.

However, since this is a character-based shampoo, I think many people buy it without looking at the contents.

The shampoo is based on sodium laureth sulfate, but it is not the worst.

It's sodium laureth sulfate based, but thanks to the mitigating effects of the added auxiliary detergents, concerns about a terrible finish or damage have been dispelled.

It's a shame that there aren't more benefits instead.

Hopefully, I'll be able to focus on taking care of my skin with a higher level of detergent.

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。
水溶性コラーゲン
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
レモン果実エキス
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。すすぎ性がきわめて良好。さっぱりした感触に仕上がる。
ラウロイルアスパラギン酸Na