オーセル オアシス 天然シャンプーの解析結果

総合順位

112

総合得点 5点満点

3.56
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3471111
  • オーセル オアシス 天然シャンプーの詳細情報
  • オーセルの関連商品
  • [JANコード] 4580259440018
  • [商品ID] 5917
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 4600円
  • [1mlあたり] 約 11.5円
洗浄力
1.5
素材 
3.5
安全性
6.6
コスパ 
3.8
環境 
5.4
補修力
2.7
潤滑性
3.1
頭皮改善 
4.7
ツヤ 
2.4
持続性
2.5
感触 
3.1
育毛
2.3
洗浄剤
2.8

オーセル オアシス 天然シャンプーの解説

ソフトでちょっとベタッとしそうなほど

コンディショニング効果が高く、洗浄力はソフトで比較的良質といえる内容です。

ただ、この感じだといささかエモリエント感がかなり強いと思われる処方ですね。

洗浄剤の組み合わせから見ても、まず泡立ちがエモリエント感に負けそうな懸念がまずあります。



そして、コラーゲンやポリクオタニウム-10のような素材の配合の感じから見ても相当にしっとり感が強く、かつしっとりが残りやすい印象です。



エキス系は質が良いものが選定されていて、この部分は高く評価できます。



防腐剤の面では一般的な防腐剤を使わず、グレープフルーツ果皮油やエキスの抗菌性を頼りにしているようですが、



グレープフルーツ果皮油は特に光毒性があるため一般的な防腐剤よりもリスクが高い素材として知られます。



グレープフルーツという響きが優しそう、というイメージがありますが、品質安定のための防腐剤としては力不足であり、かつ皮膚に刺激となる可能性があります。






全体を通してみるとソフトな印象を作ろうと躍起になっている処方ともいえますが、



実際にそれが裏目に出てしまっている点や、使用感が重く、かつ肌にいくつかのリスクを与える内容といえるので、



値段相応のクオリティを体感できるかは微妙なところです。



個々の素材の品質は高めではありますし、ダメージ毛をストレスなく洗える点は良いでしょう。

オーセル オアシス 天然シャンプーの全成分

1

2ココイルメチルアラニンNa

低刺激性シャンプーに幅広く使用されます。適度な洗浄力と脱脂力を有しており、しっとりした洗い上がり。ベビーシャンプー並の低刺激性とバランスの良い使用感・泡質が特徴。

3ココアンホプロピオン酸Na

泡質の優れたマイルド系両性界面活性剤。塩*フリー。特に、電解質に敏感な処方に適する。

4ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

5ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

6コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10ココイル加水分解ダイズタンパクK

大豆蛋白由来の高価で優れた洗浄成分。保湿性と弾力性を与えながらソフトに洗浄。

11ハトムギ種子加水分解液

ハトムギ種子は別名ヨクイニンと呼ばれます。抗腫瘍作用や保湿効果を与えるため、ニキビやイボ取り、また美白目的などに用いられます。

12ラフィノース

13ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

14ツバキ油

15ユチャ油

16スイカズラ花エキス

スイカズラ科スイカズラの花から得たエキスです。イノシトール、サポニン、タンニンルテオリンなどを含有し、抗菌作用を与えます。

17サンショウ果実エキス

ミカン科サンショウの果実から得たエキス。サンショオールやタンニン、ゲニポサイド、ガルデノサイト、クロチンなどを含有するエキスです。効能としては血行促進、抗菌作用、育毛作用、白髪抑制作用を付与。

18プルサチラコレアナエキス

鎮静・抗炎症作用を付与。

19グレープフルーツ果実エキス

20

21シアノコバラミン

ビタミンB12と呼ばれる成分で、体内では補酵素として働きます。眼精疲労などの治療に使われていたり、整肌作用を付与します。

22加水分解シルク

23ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

24ダイズエキス

25アルギン酸Na

海藻のネバネバ成分はこれです。多糖類の一種で高い保湿作用を付与します。

26アロエベラエキス-1

27センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

28ユズ果実エキス

29ウンカリアトメントサエキス

AC-11。キャッツクロー樹皮から得られるエキスです。DNA修復効果があるとされるカルボキシアルキルエステルを含有し、アンチエイジング効果が期待されます。

30クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

31グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

32メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

33グレープフルーツ果皮油

天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。

34ユーカリ油

販売元による宣伝文

洗い心地と保水力で髪と心を潤してくれる自然派ヘアケアシャンプーです。ベースとなる水には、栄養をたっぷり含んだ竹のミネラル水を使用。洗浄成分に石油系合成界面活性剤を使用せず、天然由来界面活性剤のみを使用。まろやかな泡でしっとりと洗い上げます。

オーセル オアシス 天然シャンプーの関連商品

【BSP】髪と頭皮の基礎化粧品発想 オーセル・オアシス 天然シャンプー 400ml 【楽天ポイントアップ祭スペシャル・ポイント2倍参加店】
楽天でオーセル オアシス 天然シャンプーを買う

オーセル オアシス 天然シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。