解析結果

PYUAN サークル シャンプー

広告を含みます。

総合点

1.25

総合ランク

2983個中 2386

成分数

23

植物エキスの数

3

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
PYUAN サークル シャンプー解析チャート EXETIME(エグゼタイム)
販売元による宣伝文
洗うのに大事なものでできたピュア泡クレンズ。
シリコーンフリー処方・パール剤フリー・着色料フリー。
サッと泡立つふわふわの泡で、地肌の汚れやベタつきをやさしくしっかりオフ。
地肌と髪と同じ弱酸性。きしまない洗い上がり。
周りを笑顔にしたいあなたに、「CIRCLE(サークル)」ピーチ&プラムの香り
PYUAN サークル シャンプー解析チャート
広告を含みます。

PYUAN サークル シャンプーの解説

どれを選んでもピュアンは同じこと

全成分はどれも違いない

ピュアンシリーズははっきりと香りの違いだけのようですね。全成分だけを見てるとどのタイプでも中身は金太郎飴のように同じです。ラウレス硫酸塩ベースの決してクオリティの高くないシャンプーであることは共通です。

ラウリルヒドロキシスルタインで少し違いを

強いて言えば違いを作っている部分がラウリルヒドロキシスルタインとラウラミドプロピルベタインあたりの補助洗浄剤。泡立ちの良さ、きめ細やかさ、少量で違いを作れるといったメリットが有る素材です。ラウレス硫酸塩っぽさを良い意味で演出によって質を高められるような素材です。

ただ、元々はラウレス硫酸塩の脱脂力の強さというデメリットが変わらず存在するので、使うほど髪も頭皮もダメージしてしまう傾向は避けられないでしょう。PPG-3カプリリルエーテルのようなシリコーン代替成分があるにしても、ベースが食器用洗剤のようですからね。

使用感だけで判断するとまずい

ラウレス硫酸塩ベースの脱脂力の強いシャンプーである、というのが共通する性質で、ピュアンは基本安物ですよ、ということを踏まえて選ぶ商品です。安物のわりに使用感が良い、というのも特徴ですが、使用感が良くても実際にはダメージさせてしまうということも覚えておきましょう。髪を綺麗に見せたいような人が選ぶシャンプーではありません。逆に、あまり髪のダメージを気にする必要がなく、皮脂が多いとか汚れが多いという人には相性が合う可能性もあります。それでも、ベストな選択肢とは言い難いですが。